CDアルバム

Jeremy Udden - Nicolas Moreaux / Belleville Project [輸入盤]

2015/05/30 発売

SSC-1388

在庫

×

¥2,090+税

ウデン&モロー、異色のカントリー・ロック・フレンチ?・ジャズ

[商品番号 SSC-1388] [CD] [輸入盤] [SUNNYSIDE]

[収録作品]

Jeremy Udden - Nicolas Moreaux / Belleville Project

1 MJH(Udden )
2 Belleville(Udden)
3 Jeremy(Moreaux)
4 Nico(Udden)
5 Epilogue(Stillman)
6 11(Moreaux)
7 Bibi(Udden)
8 I'm 39(Moreaux)
9 Albert's Place(Moreaux)
10 Healing Process(Moreaux)

メンバー:Jeremy Udden(alto saxophone, pump organ, prophet 5), Nicolas Moreaux(acoustic bass, toy piano),
Robert Stillman(tenor saxophone, piano, pump organ), Pierre Perchaud(acoustic and electric guitar, banjo), RJ Miller(drums)
with Pete Rende(CS-60, Prophet 5, Pump Organ, Organ)

★ニュー・イングランド出身のサックス奏者ジェレミー・ウデンと、フランス人ベーシスト、ニコラ・モローの偶然の出会いによって生まれたプロジェクト。

★出会いはなんと、SNS。パリでハウス・シッターをしていたウデンがセッション・アーティストを探していて出会ったのがモロー。既にウデンは自己の“プレインヴィル”や“フォーク・アート”プロジェクトでジャズ・シーンにユニークな存在として注目されていた頃。一方モローは、その頃ティグランやビル・マクヘンリーと共演。
お互い、既存のジャズという範疇に収まりきらない音楽への興味を通じて、コンタクトをとり続け、バンドの結成に至りました。またグループは、幸運にもフレンチ・アメリカン・カルチュラル・エクスチェンジ及び、ミッド・アトランティック・アーツ・ファウンデーションから助成金も受けることが出来、レコーディングまでこぎつけ、本作の誕生になりました。

★コンセプトは、ジャズ的な曲の中に、フランス的な要素と、アメリカンなフォーク、ロック、カントリー・ミュージック、そして、映画音楽の要素をミックスすると表明する通り、牧歌的にもミステリアスな個性派サウンド。ミッシェル・ルグランやクリス・チークとも共演を果たし活躍するギタリスト/バンジョー奏者、Pi erre Perchaudがつくりだす、ビル・フリゼールにも通じる浮遊するハーモニー空間の中を、ゆる〜くたゆたうかと思えば、完全にロックに突入したり、トイピアノをフィーチャーしたり。カントリー的な音楽を基調として懐かしくも心地よく、しかし、爆走するパワーも秘めたバンド。ちなみに、タイトル名はレコーディングの地であるパリの郊外ベルヴィルから。ピアフの生まれた地でもあるモダンアート育む地から異色の作品の登場です。