【重要】決済サービス追加・終了のお知らせ
CDアルバム

Trombone for Lovers [輸入盤]

2013/10/30 発売

SSC-1369

在庫

×

¥2,090+税

天晴, 痛快!77歳超大御所ラズウェル・ラッド新作
ジョン・メデスキ, スティーヴン・バーンスタイン(Sex Mob)も全面的に参加!
往年の友, ボブ・ドローもフィーチャー!
Dixie, ブルース,ゴスペル, ジャズ, アメリカンSB, そして・・


[商品番号 : SSC-1369] [Import]

★1935年生まれ、今、77歳となった超ベテラン・トロンボーン奏者、ラズウェル・ラッドの衰えを全く感じさせない!最新作。
★ラズウェル・ラッドといえば、やはり、フリー・ジャズというイメージが一般的には強いことでしょう。ジョン・チカイと共にNY Art Quartetを立上げ、ジャズの十月革命の真っただ中で活動し、アーチー・シェップ、スティーヴ・レイシーと共に活躍してきたラッドは、そのままフリー・ジャズの歴史と重なると言っても過言ではありません。
★しかし50年代のラッドにとっては、ウッディ・ハーマン楽団のビル・ハリスに憧れて、ディキシー・ランド・ジャズを演奏。さらに遡ると音楽の原点は、スクール時代の教会音楽に。幼少の時にゴスペルの影響を強く受けています。
★そして、そんなラッドは近年2009年の『Trombone Tribe』以来、その原点に回帰した作品で、注目を集めているわけですが、2011年の『The Incredible Honk』を経て、ここに『Trombone for Lovers』が登場。これは、三部作とも言えそうなシリーズを華々しく飾る作品と言えましょう!
★選ばれた楽曲は実に多種多様。ジョニー・キャッシュ、ヴォーン・モンロー、ビング・クロスビーを始め作品として録音したアーティストだけでも50名以上にのぼるというフランキー・レーンの「Ghost Riders in the Sky」、ビートルズのナンバーとして余りにも有名な永遠のPOPソング「Here,there& Everywhere」を筆頭に、ブルースあり、ディキシーあり、サッチモや、エリントン・ナンバーあり、シャンソンからジャズ・スタンダードとして確立された「枯葉」あり、かと思えば、ブッカー・T&MG'sの「Green Onion」まで・・・!しかし、これこそが、ラッドの音楽原点であり、これが、多彩なアレンジで一編の作品として編まれることの面白さと言ったら、痛快!!!!そのものです。

収録内容

1. Ghost Riders in the Sky(Stan Jones) 
2. Here There & Everywhere(Lennon & McCartney)
3. Baby, it's Cold Outside (Frank Loesser)
4. Trouble in Mind(Richard Jones)
5. Struttin' with Some Barbecue(Lil Hardin Armstrong & Don Raye)
6. Sleepwalk(Santo & Johnny Farina)
7. Autumn Leaves(Joseph Kosma)
8. Green Onion(Booker T. Jones, Steve Cropper, Lewie Steinberg & Al Jackson, Jr.,)
9. Tenesseee Waltz(Redd Stewart & Pee Wee King)
10. Come Sunday(Duke Ellington)
11. Unchained Melody(Alex North & Hy Zaret)
12. September Song (Kurt Weill & Maxwell Anderson)
13. Funky Little Sweet Thingslow Dance for Fast Times(Verna Gillis (BMI) & Roswell Rudd (BMI) c 2012)
14. JOE HILL (trombone solo w/ piano accompaniment)
15. JOE HILL (NYC Labor Chorus & soloists)
16. JOE HILL(THE RELENTLESS WALK)
17. JOE HILL(JOE HILL WILL NEVER DIE)