【重要】決済サービス追加・終了のお知らせ
 大雨の影響による配送遅延について 
CDアルバム

エコーズ・オブ・インディアナ・アヴェニュー (Echoes of Indiana Avenu) [Import] [日本語書下ろし解説、オリジナルライナーノーツ抄訳付]

2012/03/04 発売

KKJ-1002

在庫

¥2,381+税

2012年驚嘆の未発表音源現る!! ギター・レジェンズ、ウエス・モンゴメリー 57-58年、初期ウエスの超充実演奏を堪能! エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・カスクーナ

[商品番号:KKJ-1002] [原盤番号:HCD-2011] [Import] [日本語書下ろし解説、オリジナルライナーノーツ抄訳付]

2012年先陣を切る大物リリース、驚嘆!ウエス・モンゴメリーの正真正銘の未発表音源の登場です。
● 言わずもがなのギター・レジェンド、57-58年、故郷インディアナポリスでの録音の数々。情報も多々の現代、未発表音源のニュースも飛び交うことたびたびですが、ウエスの未発表は、ほとんど出ないもの。しかも、インディアナポリス時代の驚きの初期音源。大げさでなく驚異の登場です。
● しかも、素晴らしい演奏の数々!!
● オープニングDiablo's Danceから、胸も踊る演奏。ピアノとユニゾンでスウィンギーにテーマを奏でる心地よさ。そしてブルージーにダイナミック、それでいて書いた譜面でもあるかのような絶妙な歌心で奏でられるソロも素晴らしすぎます。
● 続く「ラウンド・ミッドナイト」はオルガンをバックにしてアーシーに、M-3「ストレート・ノー・チェイサー」は、ドラムレス、ピアノとの息のあった演奏が素晴らしく、ホレス・シルバーの言わずと知れた名曲「ニカズ・ドリーム」は哀愁感たっぷりに…。ご愛嬌?なラストの超泥くさブルースまで、全くに興味をそそってやまないものです。
● 構成は3つ(1=ピアノ、ベース、ドラムとのスタジオ録音。2=オルガン、ドラムとのスタジオ録音。3=カルテットでのライブ音源)から成されていますが、どの演奏もウエスのウエスたる演奏を聴くことができます。そして、あのオクターブ奏法もご機嫌!です。
● 57-58年という時代は、ウエスにとって、リバーサイドとの契約前、ワールド・パシフィックの時代。その時期は本録音にも記録されているモンゴメリー・ブラザーズとしての活動で知られていたわけですが、一説では、ウエス自身メジャーデビュー後のインタビューで、「インデイアナポリスで演っていた頃のほうがもっと巧く弾けていたんだ」と語ったこともあったのだとか。そして、このインディアナポリスで、59年キャノンボール・アダレイの感動を呼び、推薦をもって、ウエスはリバーサイドとの契約を締結するに至るのです。また・・

収録内容

1. Diablo's Dance (S. Rogers) - 4:13 
2. Round Midnight (T. Monk) - 7:33
3. Straight No Chaser (T. Monk) - 7:38
4. Nica's Dream (H. Silver) - 5:02
5. Darn That Dream (DeLange, Van Heusen) - 5:51
6. Take the A Train (B. Strayhorn) - 4:32
7. Misty (E. Garner) - 4:29
8. Body and Soul (Green, Heyman) - 4:29
9. After Hours Blues (Improvisation) - 6:36