【重要】@icloud.comのご利用について
CDアルバム

アンプラグド - パリ・コンサート (Unplugged / Larry Carlton , Robben Ford) [日本語帯・解説付] [輸入盤]

2013/04/25 発売

KKJ-017

在庫

×

¥2,381+税

ラリー&ロベン、アンプラグド・パリ・ライブ、国内仕様リリース

[商品番号 : KKJ-017] [原盤番号 : 335R-1302] [Import] [日本語帯・解説付] [335Records / King International]

「ラリー・カールトン&ロベン・フォードというジャズ・ブルース界の2大ギターリスト、夢の共演!!」

2006年12月のパリ公演をおさめた作品(CD&DVD)が日本語帯解説付きで登場!です。
この2人の共演といえば、同年9月の来日ブルー・ノート公演も作品化され、ギター・ファンを大いに楽しませ、大ヒットとなりましたが、今作品の重要ポイントはズバリ!''アンプラグド''。2人の使用楽器はアコースティック。このコンセプトの提案には、ロベンもびっくりだった、という噂ですが、結果としては大成功!です。
2人の渋いギター2本のみで幕開けしたあと、2曲目からはベースとドラムも合流(もちろん!?ベースはウッド・ベース)。軽妙な8ビートに小気味いいカッティングとユニゾンによるテーマ・メロディが最高にクールに決まるM-2、スウィング・リズムとオクターブ奏法が心地いい、ウエスにトリビュートしたロベンのナンバー(M-3)など、超ご機嫌。そして今回も、もちろんロベンの歌声を2曲(M-5&7)でフィーチャーし、アーシーなものから、ポップ・ブルーズ、ソフィスティケイトされたシャッフルのナンバーまで気持よく聴かせてくれます!そしてラストは、東京公演盤と同じく、ラリーの究極の名曲''リオ・サンバ''!
また、アンプラグドであると共に、今回の注目は鍵盤楽器がいないこと。ベースとドラムのみをバックにしたカルテット編成はシンプルに、ギター2本の魅力を味あわせてくれるもので、ギター・ファンにはたまらない!ものとなっています。ラリーの歌心溢れるフレーズ、ロベンのアーシーな演奏。笑顔も溢れるステージは、必見、必聴です。

メンバー : Larry Carlton (g), Robben Ford (g), Fifi Chayeb (b), Claude Salmieri (ds)

収録内容

1. NM Blues 08 
2. That Road
3. Monty
4. Cold Gold
5. Hand In Hand With The Blues
6. Amen AC
7. I Put A Spell On You
8. Rio Samba