【重要】決済サービス追加・終了のお知らせ
CDアルバム

ヒット[日本語帯・解説付] [輸入CD]

2014/08/06 発売

KKE-036

在庫

¥2,315+税

東京ジャズ他全国ツアー!
フランスの俊英バティスト・トロティニョン待望新作
演奏, コンポジション共に、まばゆく磨きがかかった
13年振りの全編トリオ作品!!


[商品番号 : KKE-036] [輸入盤・日本語帯・解説付]

1. Choral (2:01)
2. Abracadabra (4:50)
3. Paul (5:30)
4. Spleen (4:52)
5. Air (5:17)
6. Busy Brain (6:09)
7. Happy Rosalie (4:10)
8. Liquid (2:19)
9. Solid (2:59)
10. Desillusion (11:06)
11. Choral Again (1:25)
Total Time 51’01 / All Songs Composed By Baptiste Trotignon

★2000年『Fluide』で鮮烈なデビューを飾って以来、2002 年マーシャル・ソラール国際ジャズ・コンペティションで優勝した他、名だたるコンペで数々の栄冠に輝くなど、実力と人気を誇ってきたバティスト・トロティニョンの待望の新作が登場です!
★2008年以降は、マット・ペンマン、エリック・ハーランドといったNY 拠点の気鋭のリズム・セクションをバックに迎え、ヨーロッパ中心の活動からワールド・ワイドに飛躍。2012年にリリースしたマーク・ターナーとのデュオ作品『Dusk is a Quiet Place』で新たなファンを大きく獲得したと言え、今年はデュオでカナダ・ツアーも敢行、注目を集めてもいます。
★今回は久しぶりのトリオ作品!全編トリオでの作品は2001年の『Sightseeing』以来となりますので、実に13年振り。メンバーは、ベースに欧米を股にかけ活躍する朋友トマ・ブラメリー。ドラムにはマーク・ターナーらとのFly を始め、メセニー=メルドウ・カルテット、ジョシュア・レッドマン・エラスティック・バンド等々、錚々たるバンドのドラマーをつとめ、現在フランスを活動の中心に移したジェフ・バラードですから、背景だけでも好奇心をそそりますが、作品の内容も、筋の通った経験を積み重ねたアーティストの充実ぶりを伝えてくれます。
★魅力は磨きのかかった演奏力と、多彩で、物語性にも富んだ曲の数々!
☆しなやかなリズム感覚とテクニックはデビュー当時から語られていることですが、麗しく流れるようなメロディは、まばゆいばかり!メンバーとの相性も抜群。大胆かつ繊細、そしてウィットに富んだキメのオシャレさなど、トリオ・サウンドの妙は、作品の冒頭数曲を聴いただけでも納得いただけること、間違いなしでしょう!
☆曲は、全曲バティスト自身によるもの。2012年に発表した『Song Song Song』は全編シンガーをフィーチャーしたもので、近年コンポジションにも注目が集まっていましたが、フランス人としてクラシックとジャズを表現の核にしながら、多彩な音楽要素を織り込み、色彩感も豊かに描く作曲の才能もこの作品で大きく開花。作品を包み込むような予兆にも満ちた静謐感が漲るオープニングを始め、ラテン的なリフとしなやかなソロが鮮やかに交錯するナンバーM2、ビートルズ・ナンバーのノスタルジーを曲に織り込んだM3( タイトルは"" ポール”)、そうかと思えば、生のドラムンベース的なリズムをバックにしたバット・プラス辺りを彷彿とさせるパーツと、クラシック的なアコースティックのピアノの美しさをフィーチャーしたパーツを組み合わせたM-6 のようなナンバーあり、シャンソン的なナンバーあり・・。しかし、曲の数々は自然な流れとなって、一つのストーリーを描いていきます。
★今年は、東京ジャズを筆頭に、全国のホールツアー(上原ひろみさんとダブル・ビル!)も予定。来年パリでは、フレッド・ハーシュ・トリオとのダブル・ビルでソロ・コンサートも決定。テクニックとセンスを携えたフランスの俊英、バティスト・トロティニョンから目が離せません!