CDアルバム

“私にふさわしい人が…” R.シュトラウス : ヴァイオリン協奏曲 & 小品集 / アラベラ・美歩・シュタインバッハー(R.Strauss: Violin Concerto & Miniatures / A. Steinbacher) [SACD Hybrid] [Import] [日本語帯・解説付]

2019/03/10 発売

KKC-5982

在庫

¥3,000+税

アラベラ・美歩・シュタインバッハーのトリビュート・アルバム
リヒャルト・シュトラウス作品集!

[商品番号 : KKC-5982] [原盤番号 : PTC-5186653] [SACD Hybrid] [日本語帯・解説付] [Pentatone / King International]

“私にふさわしい人が…”

≪収録内容≫
リヒャルト・シュトラウス (1864-4949) : 
[Track1-3] ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.8 (1882)
[Track-4] ロマンス ヘ長調 (1883)
[Track-5] 5つの小品 Op.3より第4番 変イ長調『スケルツィーノ』 (1881)
[Track-6] 8つの歌 Op.10より第1番『献呈』 (1885)
[Track-7] 3つの歌 Op.29より第1番『たそがれの夢』 (1895)
[Track-8] 4つの歌 Op.27より第2番『ツェツィーリエ』 (1894)
[Track-9] 5つの歌 Op.41より第1番『子守歌』 (1900)
[Track-10] 歌劇『アラベラ』 Op.79 (1933)より“私にふさわしい人が…”

[Track-5 & 10] : ペーター・フォン・ヴィーンハルト編曲

アラベラ・美歩・シュタインバッハー

(ヴァイオリン; 1716年ストラディヴァリウス「ブース」 (日本音楽財団貸与))
ローレンス・フォスター (指揮)
ケルンWDR交響楽団

セッション録音 : 2017年5月23、24、26&27日 / ケルン・フィルハーモニー (ケルン)

★人気と実力を兼ね備えた麗しきヴァイオリニスト、アラベラ・美歩・シュタインバッハー。ニューヨーク・タイムズは、「叙情と情熱のバランスのよさ―彼女の長所は、とりわけ磨き抜かれたテクニックと美しく多彩な音色にある」と評しています。当アルバムでは“アラベラ・美歩・シュタインバッハーのトリビュート・アルバム” としてリヒャルト・シュトラウスの作品を録音しました。
音楽一家に生まれたシュタインバッハーはR.シュトラウスの歌劇『アラベラ』からその名をもらいました。このアルバムはヴァイオリン協奏曲を主軸に歌曲、そして『アラベラ』より“私にふさわしい人が…” など、彼女と家族が最も愛する作曲家R.シュトラウスへ敬愛を込めた渾身の録音といえます。
R.シュトラウスの唯一のヴァイオリン協奏曲は初期の作品で、古典派風の協奏曲の伝統に従って3楽章構成で書かれています。整然とした形式への志向があるもののR.シュトラウスらしい感傷的なロマン性もあり、才気あふれる青年の意欲を感じさせます。シュタインバッハーは朗々とした歌い方でメリハリのある演奏を聴かせてくれます。
そして、歌曲からの編曲作品も収録しました。バイエルン国立歌劇場のソロ・コレペティートルをつとめたアラベラの父は、有名な歌手を家に招き、頻繁にR.シュトラウスの作品を歌ってもらいました。シュタインバッハー家ではその音楽に満ち溢れており、アラベラにとって最も近い存在である作曲家となりました。雄弁に語るように奏でるアラベラの演奏でR. シュトラウスの新たな魅力に出会えます!アラベラ・美歩・シュタインバッハーの今が知れる大注目のアルバムの登場です。
R.シュトラウスのヴァイオリン・ソナタを収録したアルバム(PTC 5186470 / KKC 5415)も好評発売中です。