ブルーレイディスク

ジャーニー/ドント・ストップ・ビリーヴィン

信じることをやめないで、彼は歌に人生を賭けた。 不滅のロックバンド、ジャーニーと新ボーカリスト、アーネル・ピネダ。 夢をあきらめなかった不屈の精神と類まれなる才能を描く、ロック界のおとぎ話。

2020/03/11 発売

KIXF-4393

¥2,500+税

2012年 
製作国:アメリカ
収録時間:本編約105分+映像特典約16分
仕様:カラー 1080p Hi-Def(ビスタ) 片面1層
音声:オリジナル英語(DTS-HD Master Audio(5.1ch)
字幕:日本語
特典映像:
●日本版予告編2種 ●アウトテイク
INTRODUCTION
---YouTubeの映像をきっかけに、40歳で掴んだアメリカン・ドリーム!---
米国の大人気テレビドラマシリーズ『glee/グリー』でカバーされ、2011年の世界最多のダウンロード数を記録した名曲『ドント・ストップ・ビリーヴィン』、不朽の名バラード『オープン・アームズ』など1975年のデビュー以来、メガヒットを連発し、全盛期には8枚のプラチナ・ディスクを出すなど大記録を打ち立てたアメリカを代表するロックバンド、ジャーニー。 しかし2007年、30年以上のキャリアを誇るバンドは岐路に立たされていた。 70年代からの黄金時代を担ったカリスマ、ボーカルのスティーヴ・ペリーが98年に脱退。その後、新たに2人のボーカリストを新メンバーとして迎えたものの相次いで脱退。それ以降はボーカル不在で活動は停滞していた。
 
2007年12月、新しいリードボーカルを探し求めていたギタリストのニール・ショーンはYouTubeでジャーニーの曲を歌う無名のフィリピン人シンガー、アーネル・ピネダの映像を偶然見つける。スティーヴ・ペリーを髣髴とさせるハイトーンの声質、そして驚くべき歌唱力に衝撃を受け、すぐさまニールはアーネルに連絡を取る。まさかの電話にアーネルは悪質な悪戯だと最初はとりあわなかったが、本当にニール本人だとわかるとすぐさま渡米、オーディションを受け、正式にジャーニーの新ボーカリストとして迎えられた。そのネット時代ならではのサクセスストーリーは全米、世界中で大々的に報道された。 本作『ジャーニー/ドント・ストップ・ビリーヴィン』は、ジャーニーとフィリピン人、アーネル・ピネダの身に起きた、ロック界のおとぎ話のような実話を追ったドキュメンタリー。歌うことを教えてくれた最愛の母親の死、一家離散、2年間もの路上生活… しかし彼は人生のすべてを歌に賭け、計り知れない苦労を乗り越えアメリカン・ドリームを掴んだ。これは決して夢をあきらめることをしなかったアーネルの不屈の精神とその類まれなる才能の物語でもある。
STAFF
●監督・脚本・製作:ラモーナ・S・ディアス
●編集:リー・マリーノ
●撮影:ジュリア・デンジェル、ヴィンセント・フランコ
●製作総指揮:ジョッシュ・グリーン、ジョン・バラック
CAST
ジャーニー:
ニール・ショーン、ジョナサン・ケイン、ロス・ヴァロリー、
ディーン・カストロノヴォ、アーネル・ピネダ