CDアルバム

忘れたお話

六文銭解散後に発表された彼のソロ・デビュー作。 グループとはまたひと味違った、多彩な表情が魅力の作品。

2012/10/03 発売

KICS-2562

在庫

¥1,429+税

【オリジナル初発売日:1973年6月10日】

収録内容

【DISC1 CDアルバム】
1.首飾り・夜が走ってゆく
アーティスト:及川 恒平
2.もうひとつの世界
アーティスト:及川 恒平
3.秋の日暮れに限っては
アーティスト:及川 恒平
4.詩人の妻
アーティスト:及川 恒平
5.糸が切れてしまった
アーティスト:及川 恒平
6.忘れたお話
アーティスト:及川 恒平
7.雨が降りそうだな
アーティスト:及川 恒平, 新六文銭
8.シルクロード
アーティスト:及川 恒平
9.何もしてあげられないよ
アーティスト:及川 恒平, 新六文銭
10.ほろほろと
アーティスト:及川 恒平
11.銀河スケッチ
アーティスト:及川 恒平
及川恒平(Vo・G・P)
原 茂(G)、星 勝(G)、高中正義(G)、佐藤允彦(P)、柳田ヒロ(P)、チト河内(Ds)、原田政長(B)、吉田拓郎(Hca)、竹部秀明(B)、田中清司(Ds)、他

●第2回世界歌謡祭で優勝した「出発の歌」の作詞者として、また小室 等とともに六文銭の中心メンバーとして活躍していた彼の初のソロ・アルバム。
●その叙情性溢れる歌詞と艶やかなヴォーカルで、グループ時代とはまたひと味違う魅力を提示して見せた。
●幻の新六文銭がバックを務めた「雨が降りそうだなあ」「何もしてあげられないよ」にも注目だが、何よりも彼のシンガー・ソングライターとしての稀有な才能が堪能できる作品。

【解説:及川恒平】