CDアルバム

ペーター・シュライヤーの芸術

ボーイアルトから、時代を代表するテノールになるまで… ドイツ・シャルプラッテンレーベルに残された、 ペーター・シュライヤーの年代記(クロニクル)を2枚組で復刻発売!

2020/10/21 発売

KICC-1549

¥3,500+税

■昨年末(2019年)惜しまれつつ亡くなった、テノール、指揮者のペーター・シュライヤー。ドレスデン十字架合唱団のソリスト(ボーイアルト)からそのキャリアを歩み始め、世界的なテノールとして活躍しました。

■ドイツ・シャルプラッテンレーベルから、CD1には貴重なボーイアルトからテノールへの成長を追った音源を、そしてCD2には全盛期に録音された名唱集をカップリング。その才能の軌跡をここに収録します

<収録曲>
CD1少年時代(ボーイアルト)からリリックテノールまで
01. J.S.バッハ:アニュス・デイ ロ短調ミサ曲BWV.232より
02. J.S.バッハ:すべては終わりぬ ヨハネ受難曲BWV.245より
03. J. S. バッハ:キリスト者たるは価いと高かり シェメッリ歌曲集BWV.459より
04. H. シュッツ:汝何を失いしか 小宗教的コンチェルト集SWV.307より ペーター・コルネリウス: クリスマスの歌Op.8より
05. 三人の王/06. シメオン
07. ルドルフ・マウエルスベルガー:深き淵より<詩篇129> ドレスデン・レクイエムより
08. A. スカルラッティ:かの美しき光の中で 歌劇『ラ・ロザウラ』より
09. モーツァルト:彼女こそ私の宝 歌劇『ドン・ジョヴァンニ』K.527より
10. モーツァルト:コンスタンツェ、おまえにまた会える 歌劇『後宮よりの逃走』K.384より
11. モーツァルト:恋の息吹き 歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』K.588より
12. ロッシーニ:御覧なさい、もう朝焼けが 歌劇『セヴィリアの理髪師』より
13. ドニゼッティ:秘めやかな涙 歌劇『愛の妙薬』より

<録音>1951〜1965年

ルドルフ・マウエルスベルガー<指揮>@AF
ヘルムート・コッホ<指揮>G
クルト・マズワ<指揮>HIJ
オトマール・スウィトナー<指揮>K
アルフレート・シェーンフェルダー<指揮>L
ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団@A
ベルリン室内管弦楽団G
ベルリン放送管弦楽団HIJ
シュターツカペレ・ベルリンK
ライフツィヒ放送管弦楽団L
ドレスデン十字架合唱団@F
ゲバルト・パウリック<オルガン>@ 
ハンス・オットー<オルガン>AB
アントン・シュピーラー<チェロ>A
ルドルフ・マウエルスベルガー<ピアノ>C
カール=ディートフリート・アダム<ピアノ>DE
ワルター・オルベルツ<チェンバロ>G

CD2名唱集
01. 今宵こそは
02. セレナーデ
03. 色ぼんぼり
04. 帰れソレントへ
05. それはすばらしいことにちがいない
06. 君はわが世界
07. オー・ソレ・ミオ(私の太陽)
08. 忘れな草
09. 夜のように静寂に
10. 朝の歌
11. キャンティ讃歌
12. わが美わしき日々
13. プレリー平原をこえて
14. 赤いバラは咲きみだれて

ユルゲン・ヘルマン<指揮>
グローセス・タンツシュトライヒオーケストラ・デス・ドイッチュラントゼンダース
<録音>1968年ベルリンSRK第2スタジオ