コンビニ決済(前払い)手数料改定のお知らせ
DVD

ワンス・ウォリアーズ

KIBF-2475

¥4,180 (税抜価格 ¥3,800)

魂を揺さぶるマオリの鼓動。
世界各国の映画祭を席巻した、衝撃のニュージーランド映画、初ディスク化。

原題:ONCE WERE WARRIORS
製作年度:1994年
製作国:ニュージーランド
公開日:1995年9月23日
収録時間:本編約103分
仕様:カラー 16:9(フルフレーム) 片面1層
音声:@本編英語+マオリ語+スペイン語 ドルビーデジタル(5.1ch)
字幕:@本編用日本語

※商品仕様など変更となる場合がございます。予めご了承下さい。
INTRODUCTION
爆裂だ!感動的!見事!パワフル!
1994年ヴェネチア国際映画祭Anicaflash賞受賞
1994年ニュージーランド 映画とテレビ賞9部門受賞
1994年サンディエゴ国際映画祭最優秀主演女優賞受賞
1995年ロッテルダム国際映画祭観客賞受賞
1995年ファンタスポルト審査員賞受賞

ジェイク とベスが結婚してから 18 年が経つが、なぜベスが彼を魅力的だと感じたのか、そして今でも彼に抵抗するのが難しいと感じているのか。ジェ
イクは、爆発的な性的エネルギーを発散する筋肉質のハンサムな男性。5人の子供を産んだ今でも、彼は一目見ただけで彼女を興奮させることができる。しかし今、ジェイクはほとんどの時間をパブで過ごし、自分の男らしさを拳で証明している。そして、ベスがあえて彼に質問したり挑戦したりすると、彼女には同様の暴力が帰ってくる。だが彼女は夫の暴力にも関わらず、自分はまだ夫を深く愛していると信じている。そのため彼女は、暴力の被害を受けながらも、家族を団結させようと奮闘する。息子の一人はギャングに加わり、次の息子は福祉施設に引き取られた。美しい10代の娘、グレースはまだ手つかずのまま。彼女は才能ある作家であり思想家であり、より良い未来に対するグレース自身の希望を体現している。だが彼女は傷つきやすく、誰も予見できない恐ろしい危険に
さらされている。彼女に起こった出来事は、家族を永遠に変えてしまう。ベスはついに選択を迫られる。

『戦場のメリークリスマス』の助監督をつとめ、2002年には『007/ダイ・アナザー・デイ』監督に抜擢されたリー・タマホリの衝撃的デビュー作。各国の映画祭で大きな話題となり全22もの映画賞を受賞、ニュージーランドの国宝級の扱いを受ける映画に至った、悲しみと怒りに満ちた重厚なドラマ。公開当時、ポリネシア人の流れを汲むニュージーランドの先住民族であるマオリ族は、全人口の約13%を占め、そのなかでも都市部のスラム街に住むマオリの人々は様々なかたちで差別を受け、失業者が続出、犯罪にからむことが後を絶たない状況だった。ニュージーランド国内でタブーとされていたこのスラム街のマオリ族の実情を描いた本作の衝撃は凄まじく、ニュージーランドではハリウッド大作を凌ぐ大ヒットを記録した。
STAFF
監督:リー・タマホリ
製作:ロビン・ショールズ
原作:アラン・ダフ
脚本:リヴィア・ブラウン
撮影:スチュアート・ドライバーグ
音楽:マーレイ・グリンドレイ、マレイ・マクナブ
CAST
レナ・オーウェン
テムエラ・モリソン
ジュリアン・アラハンガ
マヌエンガロア・カーベル
ジョージ・ハナレ