【重要】@icloud.comのご利用について
DVD

ザ・レインボー

“レミーはレインボーの家具のようだ。いつもいた。”
−スラッシュロックンロールの聖地、Motörheadレミーの棲家
<レインボー・バー&グリル>の歴史を描くドキュメンタリー

2021/06/09 発売

KIBF-1989

¥4,180 (税抜価格 ¥3,800)

製作年2019年 アメリカ

収録時間:本編74分
仕様:カラー 16:9 片面1層
音声:英語(ドルビーデジタル/2.0ch)
字幕:本編日本語

*仕様等、内容、商品写真は予定のため変更になる場合がございます。

INTRODUCTION
ハリウッド、サンセット通りに1972年に開業以来、多くのバンドマン、アーティスト、映画人たちの巣窟と化したバー/レストランであり、ロックンロールの聖地といわれる<レインボー・バー&グリル>。今までに存在したすべてのロックミュージシャンが一度は訪れているここは、実はモーターヘッドのレミーの棲家だった!レミーは毎日ここでジャックコークを呑み、設置されていたポーカーマシンに興じ、禁煙の店内で人類で唯一喫煙が許されマルボロを吸い続けたのだ。2015年レミー没後、ここには等身大レミーのブロンズ像が建立され、レミーが常駐した場所は“Lemmy's Lounge”と命名された。本作はこのレインボーの歴史を店の常連だったオジー・オズボーン、スラッシュ、ジーン・シモンズたちの証言、店のオーナーであるマグリエリ一家の面々、そして姉妹店でもあるライヴハウス、<ウィスキー・ア・ゴー・ゴー>の歴史とともに振り返る。多くのライヴハウスやバーが時代の流れとともに閉店を余儀なくされるなか生き残るレインボー。世の中の音楽が次第にロックから離れていっているなか、ジーン・シモンズは「ロックは死んだ!」と怒り気味にまくしたてるが、レインボーは何も変わらずロックンロールの教会的なスタンスのまま存在し続ける。

STAFF
監督:ザック・ナットソン

CAST
レミー、ジーン・シモンズ、オジー・オズボーン、スラッシュ、ミッキー・ドレンツ、リタ・フォード(THE RUNAWAYS)、マット・ソーラム(GUNS’N’ROSES)、ロン・ジェレミー、スティーヴ・ライリー(W.A.S.P./LA GUNS)、ジェイムス・パンコウ(CHICAGO)、ロバート・ラム(CHICAGO)、リー・ロックネイン(CHICAGO)、マリオ・マグリエリ、マイケル・マグリエリ、マイク・マグリエリ・Jr.