【重要】決済サービス追加・終了のお知らせ
DVD

プッシャー3

静寂の果てに爆発する狂気! 『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督の圧倒的代表作! コペンハーゲンの裏社会を舞台に、借金地獄に追い詰められていく男たちをスタイリッシュかつダークに、リアリティあふれる演出で切り取った衝撃の暗黒クライム映画3部作の第三弾!!

2020/08/05 発売

KIBF-1788

¥1,900+税

2005年/デンマーク映画/日本未公開

●収録時間:本編約108分+映像特典約81分
●映像:カラー 16:9LB(ビスタサイズ) 片面2層
●音声:@デンマーク語(ドルビーデジタル5.1ch)
●字幕:@日本語

■映像特典:
★COOKING WITH MILO…ミロの料理の腕前
★THE WORLD OF…キャスティング秘話
★TRAILER…3部作予告


※仕様等、内容は予定のため変更になる場合がございます。
※商品写真は見本のため変更になる場合がございます。

INTRODUCTION
一度裏社会に身を投じてのし上がっていった男が、世代交代と時の流れについてゆけず、狂気の行動に出る様を描く、『プッシャー』3部作の最終章にして超極悪バイオレンス。この3部作はアメリカでも人気、評価が高く、『ドライヴ』が世に出る前から3部作として認知されており、デンマーク映画としては異例の成功をおさめている。

STORY
老いた麻薬王、ミロはかわいい娘の誕生日パーティの準備で忙しかった。しかし麻薬取引でヘロインを受け取るはずだったところ、1万個におよぶエクスタシーの錠剤を手にしてしまった。借金の支払いのためにヘロインを売ろうとしていたミロは、急ぎ現金が必要なため手下のムハンマドにエクスタシーを売ってくるよう命じるがムハンマドはそのまま帰ってこない。次第に追い詰められていくミロは狂気の道を辿っていく。一度裏社会に身を投じてのし上がっていった男が、世代交代と時の流れについてゆけず、狂気の行動に出る様を描く、『プッシャー』3部作の最終章にして超極悪バイオレンス。シリーズ中最も衝撃的な死体解体シーンは伝説的である。

STAFF
●監督・脚本:ニコラス・ウィンディング・レフン
●製作:ヘンリック・ダンストラップ
●撮影:モーテン・ソーボー

CAST
●ズラッコ・ブリッチ
●アイヤス・アガク
●マリネラ・デキク
●クジム・ロキ