夏季休業のお知らせ 
CDアルバム

Romero Lubambo /Setembro - A Brazilian Under The Jazz Influence [輸入盤]

2015/09/20 発売

SSC-1427

在庫

×

¥2,090+税

ブラジル, リオ・デ・ジャネイロ生まれ
ベテラン・ギタリスト、ホメロ・ルバンボのギター・ソロ第2弾
ブラジリアン・ミュージックにジャズ・スタンダードもMix

[商品番号 SSC-1427] [CD] [輸入盤] [SUNNYSIDE]

[収録作品]

1 INFLUÊNCIA DO JAZZ
  (UNDER THE JAZZ INFLUENCE)
2 DARN THAT DREAM
3 MEDITAÇÃO
4 JOANA FRANCESA
5 MURIQUI
6 SETEMBRO
7 ALL THE THINGS YOU ARE
8 NIRA
9 LUKINHA
10 LOVE LETTERS
11 DAYS OF WINE AND ROSES
12 PRECISO APRENDER A SER SÓ

“Muriqui”, “Nira”, “Lukinha” by Romero Lubambo (Lubambo Music BMI)
“Influência do Jazz (Under the Jazz Influence)” by Carlos Lyra
“Darn that Dream” by Jimmy Van Heusen
“Meditação” by Antonio Carlos Jobim / Newton Mendonça.
“Joana Francesa” by Chico Buarque de Holanda
“Setembro” by Ivan Lins / Gilson Peranzzetta
“All The Things You Are” by Jerome Kern / Oscar Hammerstein II
“Love Letters” by Victor Young
“Days of Wine and Roses” by Henry Mancini / Johnny Mercer
“Preciso Aprender a Ser Só” by Marcos & Paulo Sergio Valle

メンバー:Romero Lubambo(accorstic guitar and electric guitar) solo

★1955 年リオ・デ・ジャネイロ生まれのベテラン・ギタリストの最新作品。

★ダイアン・リーヴス、ダイアナ・クラールといった大物歌姫と共演してきたほか、日本のファンには、近年のルシアーナ・ソウザとの来日も記憶に新しいところでしょう。

★そんなルバンボは、85年辺りからアメリカに移住。それ以来、ブラジル音楽をルーツにしつつ、マイケル・ブレッカーを始め、アル・ジャローら、数々の大御所のクロスオーバーな作品の数々にも参加して活躍してきましたが、本作は前作に引き続き、ソロ・ギター作品になりました。

★基本的には、ギター一本、インストでの演奏。しかし、今回は、アコースティック、エレキ双方を使い分け、選曲もルーツ的なブラジリアン・スタンダードに加えて、数々のジャズ・スタンダードも演奏しています。夢見心地なようなアコースティックの温かい響きでカルロス・リラを奏であげたあとは、ビリー・ホリデイを始めとして長年に渡ってジャズ・アーティストたちに歌われ、演奏されてきた<ダーン・ザット・ドリーム> をエレキで演奏。ジョビン・ナンバーを瑞々しくエレキで演奏したあとは、アコースティックの弦の響きもスペイシーに、ちょっと瞑想にふけるようなシコ・ブアルキ・ナンバー。しかし、かと思うと7 曲目はジャズ・スタンダードの超定番といえる< オール・ザ・シングス・ユー・アー> を演奏し、ラスト近くでは、ヴィクター・ヤングの< ラヴ・レターズ>、そして言わずと知れた< 酒とバラの日々>まで取りあげています。しかし、どんな曲も、ルバンボが音楽家としてもったロマンティシズムのようなものが息づいており、中に織り込んだ、自らのオリジナル・コンポジションも、自然に溶け込んでいます。

★もともと、幼いころから音楽に囲まれて育ち、クラシック・ギターを原点に、ラジオなどでも、様々なジャンルの音楽を聴いてきたというルバンボ。本作には、そんなアーティストのシンプルな美しさが込められています。

★さらっと聴いて、心地よく、聴きこんで味わえる作品。タイトル・トラックとなったイヴァン・リンスの名曲も、サウダージな感覚が何ともいいです。