夏季休業のお知らせ 
CDアルバム

Joey Calderazzo / Going Home [輸入CD] [SUNNYSIDE]

2015/03/11 発売

SSC-1409

在庫

×

¥2,090+税

ジョーイ・カルデラッツォ, 待望のスタジオ録音トリオ作!
Columbia盤『Joey Calderazzo』から実に15年振り
新たなマイルストーンともなる本作とともに4月来日も決定!

[商品番号 SSC-1409] [輸入CD] [SUNNYSIDE]

[収録作品]
1. Manifold (Joey Calderazzo)
2. I never Knew(Joey Calderazzo)
3. Why Me(Joey Calderazzo)
4. Stars Fell on Alabama(Mitchell Parish & Frank Perkins)
5. Legend(Joey Calderazzo)
6. One Way(Joey Calderazzo)
7. My Foolish Heart (Ned Washington & Victor Young)
8. Mike’s Song(JoeyCalderazzo)
9. Going Home(Joey Calderazzo)

メンバー:Joey Calderazzo(p), Orlando le Fleming(b), Adam Cruz(ds)
Special Guest: Branford Marsalis(ts, M2)

★1965 年生まれで、今年50 歳。名実ともにベテランの域に達したジョーイ・カルデラッツォのトリオ作が登場!

★ 87 年、若くして、マイケル・ブレッカーのグループに大抜擢され、90 年代初めにはブルーノートと契約し、3 枚のリーダー作をリリース。亡きケニー・カークランドの後を継いで今に至るまで、ブランフォード・マルサリス・グループのレギュラー・ピアニストとして活躍。それらの経歴は何よりの実力の証拠でしょう。

★今回は、待望のスタジオ録音を核とした作品。2013 年春にリリースされた『Li ve』も久しぶりのトリオ・フォーマットの作品として話
題になりましたが、2000年にCol umbi aからリリースされたその名も『Joey Cal derazzo』に鮮烈な感動を受けたファンにとって、実に15 年振りのスタジオ録音によるトリオ作は、正に待望のものといえましょう。

★カルデラッツォのトリオの魅力といえば、コンテンポラリーでスタイリッシュなメロディ感覚が息づくアンサンブルと、切れ味
の鋭いパッション溢れるソロ展開。その理想形を核としたカルデラッツォは、スタジオ録音ならではの魅力を活かし、今回、あえて、
全体的なムードやヴァイブレーションをスケッチして本作を創り上げていったのだとか。しかし、それは、堅固な構築とは一線を画す
ものといえます。インプロヴィゼーションや、トリオのインター・プレイに完全フォーカスするために、アレンジを施し、ギリギリのバラ
ンス感覚によるスリルと美しさを追究。そのため、本作は、どの曲にもヴィヴィッドなトリオの躍動感と、メロディの美しさ、ソロの面白さが息づきます。

★それはオクターブ12 音のヴァリエーションを活かしたオープニングから全開!黙想的なムードも漂わせるイントロを聴かせつつ、
モーダルなフレージングが踊り、火花を散らすようなフレージングが飛翔するソロのコントラストの鮮やかさ!この演奏こそ、カルデ
ラッツォの真骨頂!ファンの待ち望んだトリオ・サウンドといえましょう。一方、スタンダードの演奏も白眉。名スタンダード<All of me.>をリハーモナイズすることによって、まったく違った楽曲に変身させたM3あり、楽曲の世界を最大限に活かしたロマンティシズム溢れるM4 のような演奏あり。また2000 年の『Joey Cal derazzo』でも取り上げたエヴァンスの名演でも知られるM7 も期待を裏切りません!

★一本、筋の通った、しなやかで芯のあるタッチはもちろん健在。かつ、詩的なフレージングと、透明感を感じさせるハーモニーの響
きも正にカルデラッツォならではで、ピアニストとしてのセンスのよさも抜群。

★実は、丸の内/コットンクラブで録音されたM8 (マイケル・ブレッカー追悼!)のような隠れたライブ・ナンバーも織り込みつつ、マ
イケルを筆頭に、惜しくも生涯を閉じた先人への、心からの気持ち、感謝を捧げた、究極のラスト・バラードまで、全9曲聴かせきります。

★このトリオで、2015年4月に再来日。コンポーザーとして、インプロヴァイザーとして、バンド・リーダーとして、新たなるマイルストー
ンともなる本作を引きさげての公演は、今から楽しみです。