CDアルバム

Genevieve & Ferdinand-Live [輸入盤]

2014/02/20 発売

SSC-1374

在庫

×

¥2,090+税

【注目!】グラミー・ノミニー, マクギャリーが奏でるアメリカの美しい心象風景・・
P.サイモン, ジェイムズ・テイラー, T.ラングレン, ミナス・サウンド
そしてアメリカン・スタンダードが一つの世界になった美しいアコースティック・ヴォーカル作品


[商品番号 : SSC-1374] [直輸入盤]

★ Palmetto レーベルでコンスタントに作品をリリース。前作『Girl Talk』がグラミー賞にノミネートされ、注目を集めた歌姫ケイト・マクギャリーのSunnyside 移籍第一弾!
★従来の作品より、歌唱力を活かしたジャズ・スタンダード、アメリカン・ソングブックと、フォーキーな風合いそのままのポップ・チューン・カヴァー(ボブ・ディランやクロスビー・スティルス&ナッシュ、ジョニ・ミッチェルなど)を絶妙のブレンドで聴かせ、人気を博してきましたが、本作もポール・サイモンの「Ameri can Tune」をオープニングに、幅広い選曲で美しい作品に仕上がりました。
そして今回の魅力は究極のシンプル構成!彼女の夫でもあり、長年のバンド・メンバーでもあるキース・ガンズとのデュオによる曲の数々は、彼女の自然でニュートラル、スペイシーな歌の世界を表現するのに、ピッタリとフィット。
★マサチューセッツに生まれ、アイルランド系の大家族と共に様々な音楽に囲まれて育った彼女は後にNY に移りますが、ルーツから育まれたと思われるアコースティックなカントリー的ムードが魅力。アコースティック・ギター一本をバックにして、語るように歌う世界は、洗練さをまといつつも、懐かしくノスタルジーな感覚を呼び起こします。バンドでの従来の作品に比べても、スタンダードとPOPチューンが、マクギャリー・ワールドの中で一つになった一体感も素晴らしいです。
★また、聴き所は、M-3 のトニーニョ・オルタとパット・メセニーの楽曲ミックス!トニーニョ・オルタが長年、歌い続ける「Aquelas Coisas Todas」と「Aqui o」、それに、メセニー・グループ・サウンドを確立した永遠の名盤『スティル・ライフ』に収録された「Third Wind」を組み合わせるというアイディアの素晴らしさ !もともとジョビンを取り上げるなどブラジル・サウンドも魅力のマクギャリーでしたが、今回はミナス・サウンドを瑞々しく奏でます。
★朋友であるテオ・ブレックマンも一曲参加。ライブならではの空気感も魅力のお薦めヴォーカル作品です。

収録内容

1. American Tune(P.Simon) 
2. Ten Little Indians(K.Kcgarry)
3. Aquelas Coisas Todas-Third Wind-Aquio(Horta/Metheny)
4. Can’t Help Loving that Man(Kern/Hammerstein)
5. Plea for a Good Night’s Rest(D.Sproule)
6. Line’Em up(J.Taylor)
7. Mr. Long Gones(K.Ganz)
8. Let’s Face the Music and Dance(I.Berlin)
9. Pretending to Care(T. Rundgren)
10. Smile(Chaplin/Turner/Parsons)
11. Beneath a Crozet Trestle Bridge(P.Curreri)