CDアルバム

The Vanguard Date [輸入盤]

2013/04/03 発売

SSC-1350

在庫

×

¥2,090+税

スティーヴ・キューン、超幻の一枚 オリジナル・ジャケットで復刻!
「Life's Magic」と対を成す86年ヴァンガード・ライヴ キューンの様々な表情が一層濃く現れています!


[商品番号 : SSC-1350] [Live] [53'13''] [Import CD] [Sunnyside]

ファン垂涎、スティーヴ・キューン、真の幻の一枚が遂に!!復刻されます。
86年3月27日~30日のニューヨーク・ヴィレッジ・ヴァンガードでの録音。このライブといえば、Black Hawk原盤の「Life'sMagic」が知られ、同Sunnysideから昨年再発されましたが、本作は、それより更にお目にかかることがレアであった超幻の一枚。廃盤CDのリストでは、いつも最上級の扱いを受け、市場価格は2万円代から決して下ることがなかった作品。「Life's Magic」の再発時、本「Vanguard Date」の復刻の予定もあるとレーベルに聞いていましたが、遂にそれが実現しました。しかも今回は、原盤Owlのジャケットをそのままに使用してのうれしい復刻です。
メンバーは、もちろん同メンバーでロン・カーターにアル・フォスター。1938年生まれのキューンはその時40歳代。70年代ECMの諸作を発表し、時にはプログレッシヴでさえあった時期を越えて、80年代は、厳選された音数でのスタイルに移り変わってもいましたが、ここには、多彩なキューンの表情があります。
ハービー・ハンコックの名曲''処女航海''のコードを下敷きにしたボサ・ナンバーでスタートしつつ、2曲目はタッド・ダメロンのバップ・チューン。アル・フォスターの美しいシンバル・ワークと間が、演奏にスパイスを効かせるスウィンギー・ナンバー。かと思うと、ロン・カーターによるスロー・ワルツ(M-3)もあり、シーラ・ジョーダンとの共演録音以来、キューン自身の作曲家としての評価も高めるきっかけとなったM-4のようなナンバーも演奏。
そして、秀逸なのは、M-5~6の展開。''ラウンド・ミッドナイト''のメロディと''I thought about You''を渾然一体と融合させ、途中My One and only Loveのメロディなども織り交ぜるバラード演奏(M-5)はリリシズムの極み。一方、M-6では、70年代の演奏を彷彿とさせるパッション溢れる演奏に!レガートの美しいタッチはそのままに、何か起こりそうな予感に満ちた4ビート・ソロから3分30秒を越えて、演奏は一気にヒート・アップ。煽りまくるアル・フォスター、ドライブするロン・カーターと火花を散らす凄い演奏に突入するのです。この時期、音数を制限していた感もあるキューンではありますが、ライブならではとも言えましょう。感極まった声あり、最高にテンション高い演奏を聴くことが出来ます。
ラストのバラードもキューンならではの内省的な深みがあります。

収録内容

1. Clotilde (Steve Kuhn) 
2. Superjet (Tadd Dameron)
3. Little Waltz (ron carter)
4. The Zoo (Steve Kuhn)
5. I thought about You (Jimmy van Heusen)
6. Music Prayer for Peace (Phil Perry)
7. Dance only with me (Jule Styne)
8. Lullaby (Steve Kuhn)