CDアルバム

Life's Magic [輸入盤]

2012/10/24 発売

SSC-1323

在庫

×

¥2,090+税

大注目!!!スティーヴ・キューン・トリオ 86年ロン・カーター, アル・フォスター 鉄壁のリズム・セクションとのヴァンガード・ライヴ Black Hawk の傑作名演レア音源が復活!!

[商品番号 : SSC-1323] [Import CD] [Sunnyside]

驚きの再発!スティーヴ・キューンの86年録音、人気快演トリオ作が、Sunnysideから復活です。原盤はBlac kHawk。残念ながら、ジャケットはオリジナルと違いますが、レーベルの供給が不安定であったばかりに、入手困難なレア盤となり、時には高値を付けていた作品が、こうして復活することはとても喜ばしいことと思います。

ベースにロン・カーター、ドラムにアル・フォスターを迎えたヴィレッジ・ヴァンガードのライヴ演奏。正にツボを抑えたリズム・セクションと共に、キューンの端正なピアノの美しさが魅力の一枚。その演奏は、ライブとは思えない完成度の高さとも言えましょう。

トツトツとしたミディアム・テンポのスタンダード''Little Old Lady''から実にいいムード。ブルージーなナンバーM-2あり、瑞々しく繊細なM-3のイントロには、キューンの真骨頂とも言える世界あり...。そして、アップテンポで演奏されるM-7は、正にこの作品のクライマックス!ラストは究極のバラード。こうした演奏に、おそらくその日のヴァンガードの観客は極上のジャズを感じたことでしょう。

1938年生まれのキューンはこの時40代後半。6-70年代の若き日のプログレッシブな演奏も経て、行きついたピアノの美学。音数は減っても説得力は衰えず、同世代(一年違い)のロン・カーターと、(6歳違いの)アル・フォスターと響き合っています。

CD本体には、スティーヴ・キューン自身のコメントも。演奏した日の興奮を思い出しつつ(お菓子屋さんにいる子供のよう・・と語っています)、30年の時を経ても色あせない音楽を確認し、このSunnysideからの復刻を喜ぶ様子が語られています。

身近に入手可能となったこの機会に、ぜひご紹介、したい一枚です!

メンバー : STEVE KUHN (p), RON CARTER (b), AL FOSTER (ds)

収録内容

1. Little Old Lady (Stanley Adams / Howgy Carmichael) 
2. Two By Two(Steve Kuhn)
3. Jitterbug Waltz (Fats Waller)
4. Ulla/Trance(Steve Kuhn)
5. Yesterday's Gardenias(Sammy Mysels / Dick Robinson/ Nelson Cogane)
6. Mr. Calypso Kuhn (Steve Kuhn)
7. Never Let Me Go(Raymond Evans / Jay Livingstone)
8. Softly, As In A Morning Sunrise(Oscar Hammerstein II / Sigmund Romberg)