大雨の影響による配送遅延について
CDアルバム

Dave Brubeck Quartet with Paul Desmond / Birdland 1951~52 - Newport 1955 [輸入盤]

2016/05/30 発売

SOLAR-4569967

在庫

×

¥2,020+税

[商品番号 SOLAR-4569967] [CD] [輸入盤] [SOLAR RECORDS]

[収録作品]

1 AT A PERFUME COUNTER (2:35)
2 THAT OLD BLACK MAGIC (2:30)
3 HOW HIGH THE MOON? (3:53)
4 JEEPERS CREEPERS (2:15)
5 CRAZY CHRIS (2:48)
6 SPRING IS HERE (2:06)
7 Symphony Sid intro into STARDUST #1 (3:45)
8 THIS CAN’T BE LOVE (3:25)
9 THESE FOOLISH THINGS (3:21)
10 JEEPERS CREEPERS #2 (2:52)
11 TEA FOR TWO (4:50)
12 I’LL REMEMBER APRIL (4:32)
13 Announcement (1:30)
14 BACK BAY BLUES (5:56)
15 TROLLEY SONG (4:02)
16 STARDUST #2 (6:22)
17 CRAZY CHRIS #2 [incomplete] (2:09)
18 DON’T WORRY ABOUT ME (6:25)
19 TEA FOR TWO (9:40)

メインの12曲は、Altoというレーベルから最初にLPとしてリリースされたもので、1951 年の暮れから翌年1 月にかけてデイヴ・ブルーベック・クァルテットがニューヨークのクラブ“バードランド”に出演したときのパフォーマンス。1951 年といえば、ブルーベックがポール・デスモンドを加えたクァルテットを結成した年で、ベースが初代のフレッド・ダットンからワイアット・ルーサーに交代したばかり、ドラマーは結成時に加わったハーブ・バーマンという顔ぶれでした。長きにわたってクァルテットのレパートリーとなる曲をすでにたくさん演奏しており、ステディなリズムに乗ったデスモンドのフレッシュなアルトが絶品です。
 そして、ボーナス・トラック(M13−19)は、ベースがボブ・ベイツ、ドラムがジョー・ドッジとなった1955年にニューポート・ジャズ・フェスティヴァルのステージで繰り広げた演奏。55 年というとニューポート・ジャズ・フェスティヴァル開催2年目で、マイルス・デイヴィスがセロニアス・モンクやジェリー・マリガンなどとステージに上って大きな話題を呼んだことで知られていますが、その年にブルーベックはクァルテットを率いて貫禄十分のプレイを繰り広げたほか、何とクリフォード・ブラウンやチェット・ベイカー、マックス・ローチなどと共にジャム・セッションにも興じました。ここにはその模様も収録されています。

メンバー:
1-12: BIRDLAND BROADCASTS
Paul Desmond(as=out on 2 & 6), Dave Brubeck(p), Wyatt Ruther, bass (out on 2), Herb Barman(ds, hand drum on 2)
Recorded live at Birdland, New York.
1-3: December 15, 1951. 4-10: December 22, 1951. 11: January 22, 1952. 12: January 24, 1952.
13-19: NEWPORT ‘55
Paul Desmond(as), Dave Brubeck(p), Bob Bates(b), Joe Dodge(ds)
On track 19, the final jam session, add Clifford Brown & Chet Baker (tp), Gerry Mulligan (bar), Joe Morello & Max Roach (ds).
Omit Joe Dodge.
Live at the Newport Jazz Festival, Newport, Rhode Island, July 17, 1955.