【重要】決済サービス追加・終了のお知らせ
CDアルバム

緑の森

2013/12/21 発売

SMME-1307

在庫

¥2,400+税

平田王子さんと彷徨の重鎮, 渋谷毅さんの共演作再び
ブラジル音楽と日本人の心象風景が美しく重なる演奏
さり気なくも, 日本のPOPS史にも連なる大名盤!


[商品番号 : SMME-1307]

♥2011年にリリースされた『ルース・ド・ソル*太陽の光』が、ジワジワと深い感動を呼んだ平田王子さん、渋谷毅さんが満を持しての新作をリリースします。
♥2人の共演作品としては、平田さんの単独リリース作品『マイ・ジョアン』のDuoゲストで渋谷さんが3曲参加したことが最初で、以来5年あまりの時が経過。その間には、数々のライブも繰り広げ、音楽を深めて来ましたが、『太陽の光』から2年、ここに温かなる成熟があります。
♥基本は揺るぎなく、平田さんの大きなルーツであるボサ、MPBといったブラジル音楽。ジョビンやドナート、エドゥ・ロボ、シコ・ブアルキといった巨匠の曲が、みずみずしく美しく紡ぎだされる感覚は前作の延長線上にあって、シンプルにしてスピリチュアル。
♥しかしまた、今回の魅力は、そうしたブラジルの曲の中に聴く2人のオリジナルの数々でしょう。
前回と同じ13曲を収録する中、今回は7曲がオリジナル。これらが、あまりにも愛おしく響きます。
♡ブラジルの大巨匠たちの楽曲に交わって、合い響く音楽の原点には、平田王子さん、渋谷毅さんという2人のブラジル音楽への深い理解があるのは言うまでもありませんが、日本人が心の深い所に抱く心象風景が、ブラジル音楽のリズムやハーモニーをまとって、サウダージにつながる感覚は、聴く人の琴線を揺らしてあまりあるものと言えましょう。♡例えばM11の「山形」M12「誰そ彼」は、日本の情景とブラジルの色彩が水彩画のように爽やかに重なる楽曲。一方M10 は、“みんなの歌”や“おかあさんといっしょ”など子供たちのために数々の楽曲を作曲してきた渋谷さんらしい優しさとノスタルジーが滲んだ一曲。そして、また注目は、M7の「朝食」。この曲は、今世界で時めく由紀さおりさんに提供した渋谷さんの曲(※渋谷さんは由紀さおりさんの多くの曲を作曲、編曲)ですが、今回は、その楽曲に平田さんがポルトガル語で新たに作詞。生命感鮮やかにも、繊細なセンチメンタルが滲む表現には、生きていることの喜びや、ほの哀しさのようなものまでもが匂いたちます。
♡そしてそれらを聴く時・・・私たちは、ブラジル音楽という枠を越えて、日本の偉大なるPOPSの歴史に連なるものとも感じることになります。
♥ギターとピアノ、そして声というシンプルなものにして、豊潤な音楽の実り・・。最後は、平田さんのもう一つの大切な世界、ハワイアン。天空に広がるような世界も余韻たっぷり。
♥心のひだに優しく届き、自然に気持をそっとやわらげる魔法のような音楽。呼吸一つ一つまでもが美しい静かなドラマに満ちた作品です。(※なお、Luz do Solは前作のタイトルですが、このユニットをさす言葉にもなりました)

収録内容

1. パッサリン(Passarim) A.C.ジョビン; 
2. サンボー・サンボー(Sambou sambou) ジョアン・ドナート/ジョアン・メロ;
3. ヴィーナス 金星 (V nus) 平田王子;
4. ショーロ・バンヂード(Choro bandido) エドゥ・ロボ/シコ・ブアルキ;
5. 開かれた鳥籠(Gaiolas abertas) ジョアン・ドナート/アベル・シルヴァ;
6. ソウルメイト(Alma g mea) 平田王子/岡田郁香マリア;
7. 朝食(Desjejum) 渋谷毅/平田王子;
8. 十字路(Caminhos cruzados) A.C.ジョビン&ニュートン・メンドンサ;
9. 天使の坊や(Menino-anjinho) 平田王子/岡田郁香マリア;
10. 月のうさぎルーニー~ほしのうた(Moon rabit LUNY ~ Hoshi no uta) 渋谷毅/井出隆夫;
11. 山形(Yamagata) 平田王子;
12. 誰そ彼(たそがれ) (Tassogare) 平田王子;
13. ヌウアヌ渓谷の滝(Ka wailele o Nu' uanu) ジェイ・カウカ