【重要】@icloud.comのご利用について
各キャリア新料金プランを検討中のお客様へ
CDアルバム

ディジー・ガレスピー at オンケル・ポー・カーネギー・ホール - ハンブルグ 1978 (Dizzy Gillespie Quartet at Onkel Po's Carnegie Hall - Hamburg 1978) [2CD] [Import] [Live] [日本語帯・解説付]

2020/03/19 発売

KKJ-2018

在庫

¥3,300 (税抜価格 ¥3,000)

1970年代から80年代、ハンブルグでの熱いライヴがよみがえる !!
Onkel Po's Carnegie Hall ライヴ・シリーズ国内仕様盤

NDR(北ドイツ放送)で記録された非常に貴重なアーカイヴ音源
当時のクラブの雰囲気を伝えるホルガー・ヘス著『Mein Onkel Po (僕のポー叔父さん)』抜粋の和訳を掲載し
日本盤のオリジナル書下ろし解説も掲載。当時の状況にも詳しい執筆陣の文章が掲載されています。

ディジー・ガレスピー、78年3月録音
レギュラー・カルテットによる演奏 + レオ・ライトをゲストに迎えた貴重な演奏 !
パブロ盤にも録音がなかった時期の空白を埋める貴重ライヴ音源

[商品番号: KKJ-2018] [原盤番号: N-77037] [2CD] [Import] [Live] [日本語帯・解説付] [Jazzline/ King International]

[Disc 1]
1. Sunshine (9'04'')
2. Announcement 1 (0'57'')
3. The Land Of Milk And Honey (10'20'')
4. Announcement 2 (1'53'')
5. Brother K. (10'00'')
6. Unicorn (6'16'')
7. Oop-Pop-A-Da (5'37'')
8. Diddy Wa Diddy (19'22'')
[Disc 2]
1. Olinga (14'42'')
2. Announcement 3 (0'47'')
3. Blues (9'53'')
4. A Night In Tunisia (14'57'')
5. Dizzy's Party (10'05'')

録音: 1978年3月23日 ドイツハンブルグ オンケル・ポー・カーネギー・ホール (全曲初登場発掘音源)

★ 1970年代から80年代半ばにかけて、ハンブルグ及び、ドイツ全土のジャズ・シーンの中心を占めていたOnkel Po's Carnegie Hall でのライヴ音源を作品化するシリーズ。1978年ディジー・ガレスピーの演奏。
★ このガレスピー盤は、78年3月の録音で、ロドニー・ジョーンズ(g)、ベン・ブラウン(b)、ミッキー・ローカー(ds)を加えた当時のレギュラー・カルテットによる演奏が1枚目に、そして2枚目には、カルテットに素敵なゲストを加えた演奏が収められています。
★ そのゲストとは、60年代前半にガレスピーのグループで名を上げたアルト・サックス奏者レオ・ライト。「オリンガ」、「チュニジアの夜」など4曲に加わったライトの演奏は60年代と全く変わらぬパッションに満ち、気迫のこもったプレイでガレスピーにも大きな刺激を与えています。
★70年代から80年代にかけてのガレスピーは、ノーマン・グランツのレーベル''パブロ''を主な舞台としてレコーディングを続けていましたが、近年はその時期のヨーロッパでの演奏がいくつも発掘され、むしろパブロ盤よりも内容の濃いプレイぶりを楽しめるようになっています。これもまさにそんな一作で、パブロへの録音は75年と81年の間が空白だったので、そこを埋める貴重な発掘であるばかりか、録音が多いとは言えないレオ・ライトの未発表演奏を満喫できる嬉しいアルバムと言えます。
★ 随所に挟まれるガレスピーのユーモラスなアナウンスメントも聴衆を沸かせています。