【重要】@icloud.comのご利用について
各キャリア新料金プランを検討中のお客様へ
CDアルバム

フレディ・ハバード at オンケル・ポー・カーネギー・ホール - ハンブルグ 1979 (Freddie Hubbard Quintet at Onkel Po's Carnegie Hall - Hamburg 1979) [CD] [Import] [Live] [日本語帯・解説付]

2020/03/19 発売

KKJ-2017

在庫

¥2,750 (税抜価格 ¥2,500)

1970年代から80年代、ハンブルグでの熱いライヴがよみがえる !!
Onkel Po's Carnegie Hall ライヴ・シリーズ国内仕様盤

NDR(北ドイツ放送)で記録された非常に貴重なアーカイヴ音源
当時のクラブの雰囲気を伝えるホルガー・ヘス著『Mein Onkel Po (僕のポー叔父さん)』抜粋の和訳を掲載し
日本盤のオリジナル書下ろし解説も掲載。当時の状況にも詳しい執筆陣の文章が掲載されています。

78年ハバード、Columbia でリリースしたフュージョン系作品と一線を画す名演奏 !
One Of A Kind は、25分に及ぶ力演 !

[商品番号: KKJ-2017] [原盤番号: N-77044] [CD] [Import] [Live] [日本語帯・解説付] [Jazzline/ King International]

★ 1970年代から80年代半ばにかけて、ハンブルグ及び、ドイツ全土のジャズ・シーンの中心を占めていたOnkel Po's Carnegie Hall でのライヴ音源を作品化するシリーズ。フレディ・ハバード・クインテットによる1978年11月の演奏。
★ フレディは、1974年から79年までの5年間をColumbia専属として過ごしていますが、これはその間に自らのレギュラー・グループを率いて渡欧した際に行ったライヴ・パフォーマンスで、どちらかというと大編成によるフュージョン系のアルバムが多かったColumbia作品とは一線を画すハードな演奏が続きます。
★ サンタナ「キャラバンサライ」でのプレイも印象深かったベテラン・サックス奏者ハドリー・カリマンやデビュー間もないビリー・チャイルズ、そして、今やゆるぎないプロデューサーとしての地位を築いたラリー・クラインと共に吹きまくるフレディは絶好調(彼の好調ぶりは、この数ヶ月前にV.S.O.P.のメンバーとして来日したときのプレイを思い起こせばお分かりのことと思います)で、Columbia作品のタイトル曲「Love Connection」をはじめ、傑作として知られる「Little Sunflower」やV.S.O.P.のレパートリーとしても知られる「One Of A Kind」などの自作5曲とお得意のバラード・レパートリー「Here's That Rainy Day」という選曲は、当時のフレディにとって最良のレパートリー構成になっています。
★ 完璧なコントロールに裏付けされたハードで切れ味鋭いフレージングはまさにフレディならではで、当時のColumbia作品の中では聴くことのできなかったフレディのプレイヤーとしての凄さを存分に楽しむことができます。カール・バーネットの多才なドラム・ソロやハドリー・カリマンの個性的な構成力が光るテナー・ソロを配した''One Of A Kind''は、このクインテットの実力が100パーセント発揮されたパフォーマンスで、何と25分を超える力演ですが、どこにも緩みがなく、聴く者をひきつけてやみません。