【重要】決済サービス追加・終了のお知らせ
 大雨の影響による配送遅延について 
CDアルバム

パーミュテーション (Permutation) [輸入盤・日本語帯解説付]

2012/06/10 発売

KKE-016

在庫

¥2,381+税

21世紀の名演!エンリコ・ピエラヌンツィ、究極のニュー・トリオ始動!!国内盤仕様には、なんと、エンリコ・ピエラヌンツィへのインタビュー記事(6頁)を含む8頁のブックレット付(インタビューは、今回のリリースのための完全オリジナル!)

[商品番号:KKE-016] [原盤番号:CAMJ-7845] [Import CD from Italy] [日本語帯解説付] [CAM Jazz/King International]

● ジャズ史に連なり、また21世紀に産み落とされた決定的な演奏と言って過言無しであろうエンリコ・ピエラヌンツィ氏のNew Trioによる新作を遂に国内解説付きの作品としてリリースします。
● 新しく加わったメンバーは、スコット・コリーにアントニオ・サンチェス。マーク・ジョンソン、ジョーイ・バロンと25年に及んだトリオ活動を休止。NYのコンテンポラリー・フィールドを拠点としたやや若いメンツとの新トリオは、作品を聴くまで、予測不可能とも言えましたが、このトリオが確信に満ちた、氏の自らの音楽生活にとってのある意味、新しい決意表明とも感じさせるほどのものであることは、今や言わずもがなでしょう。
● 前半部は、今までになく、アグレッシブなサウンド。コリー~サンチェスとのこれ以上にないスリルに溢れるトリオのインプロビゼーションには鳥肌が立つ興奮も必至。アウト・フレーズもしばしば、矢継早にギリギリすれすれのフレーズが飛び出す展開には、ある種の前衛性さえも感じさせます。でも、これは決して突然の変化ではないのです。もともと、来日ライブでも、ジョンソン~バロンと、フリー・インプロに近い演奏も見せ、そこから何とセント・トーマスに突入し、大喝采を浴びたのがエンリコ氏でもあるのです。そして、曲へのアプローチでいえば、80年代にしてあの名スタンダード''いつか王子様が''のテーマを完全に壊した演奏も知られるところでしょう。
● でも、限りなき冒険をしつつ、''美しい''印象を与えるのがエンリコ。貫かれた美的感性によって、作品は、他の誰でもない唯一無二のエンリコ・ワールドになって行くのです。● 後半部は、これぞ''イタリアン・エンリコ''の世界。冒頭3曲から一転、M-4では、耽美なまどろみを感じさせる世界へ自然に移行。この練られた曲構成にも驚きつつ、続くM-5は、Soul Note の名盤「Seaward」辺りのファンの心をわしづかみにする美しさと言えましょう。軽快なワルツにきらめく様なフレーズが踊るM-6も魅力的...従来のファンの方も、この数曲で、納得すること必至でしょう。

収録内容

1. Strangest consequences 5:30 
2. Critical path 5:36
3. Permutation 6:34
4. Distance from departure 6:43
5. Horizontes finales 5:13
6. Every smile of yours 4:52
7. Within the house of night 5:01
8. The point at issue 5:50
9. A different breath 4:45