【重要】決済サービス追加・終了のお知らせ
ブルーレイディスク

ティーレマンのベートーヴェン ~ 交響曲全集 & ミサ・ソレムニス (Beethoven : The Complete Symphonies | Missa Solemnis / Christian Thielemann | Wiener Philharmoniker | Staatskapelle Dresden)

2020/03/17 発売

KKC-9529

在庫

×

¥7,000+税

祝・ベートーヴェン生誕250周年 ベートーヴェンの映像商品に決定版 ! 4枚組ブルーレイ
ティーレマン&ウィーン・フィルによる交響曲全集 & シュターツカペレ・ドレスデンによるミサ・ソレムニス !!

[商品番号: KKC-9529/32]
[原盤番号: 74-9904]
[組数・版型: 4Blu-ray]
[画面: 1080i | 16: 9 | HD]
[音声(交響曲): PCM Stereo | DTS-HD MA5.0]
[音声(ミサ): DTS-HD MA5.1]
[リージョン: Free (ALL) ]
[字幕(交響曲): 英・仏・西・伊・韓・中・日]
[字幕(ミサ): 英・独・仏・西・日]
[総収録時間: 17hrs 26mm (交響曲: 446mm) (ミサ: 90mm) (ドキュメンタリー: 510mm) ]
[Import]
[日本語帯・解説付]
[C Major/ King International]

2020年に生誕250周年を迎えるベートーヴェン(1770-1827)。記念すべき年とあって、各レーベルからベートーヴェンの作品が続々と発売されます。C major レーベルからは、ベートーヴェンの映像商品に決定版ともいえる、ウィーン・フィル&ティーレマンによる交響曲全集とシュターツカペレ・ドレスデンとティーレマンによるミサ・ソレムニスが4枚組ブルーレイとして再発売されます。
「BEETHOVEN9」と題したティーレマン&ウィーン・フィルによるベートーヴェン・チクルスは、2008年12月から2010年4月にかけてムジークフェラインザールでおこなわれ、大きな評判となりました。本BDには、そのコンサートの全曲演奏の映像と、ティーレマンと高名な批評家ヨアヒム・カイザーによる非常に興味深い対談映像が長時間に渡って収録されています。
ベートーヴェンの交響曲についてティーレマンは「9つすべてのシンフォニーにおいて、ベートーヴェンはそれぞれ異なる世界を切り開いたのです。しかも、ベートーヴェンは初めからこうしようと計画していたのです。」と語っています。本演奏でティーレマンがウィーン・フィルに求めた楽器配置は、いつものヴァイオリン両翼型の正統的なスタイルですが、楽器編成に関しては個々の作品に合わせて幅を持たせており、1番から8番までは小規模から中規模、9番については史実にも照らしてか大編成が採用されるという柔軟な姿勢をみせています。
そして、ティーレマンが首席指揮者に就任前の2010年に、シュターツカペレ・ドレスデンとベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」を演奏したライヴ映像。第2次世界大戦が最終局面を迎えていた時期、1945年2月13日から15日にかけて英米の連合国軍による爆撃を受けたドレスデンは、街の大半を破壊し尽くされ、一般市民を含む3万とも15万ともいわれる夥しい数の犠牲者を出しました。戦後、当地ドレスデンでは、いわゆる「ドレスデン爆撃」として名高い、この未曾有の戦禍を被ったのと同じ2月13、14の両日に、シュターツカペレ・ドレスデンによってレクィエムやミサ曲といったプログラムが組まれ、「ドレスデン爆撃戦没者追悼演奏会」が開かれるのが毎年の恒例となっています。こうした背景のもと、ティーレマンが2012年のシーズンより首席指揮者に就任予定のシュターツカペレ・ドレスデンと臨んだ「ミサ・ソレムニス」は、力のこもった熱演となっており、就任前にもかかわらず楽団からの厚い信頼を感じさせるものとなっています。

*) 収録内容詳細は、画像をクリックして拡大イメージを表示の上、ご確認ください。