CDアルバム

マーラー : 交響曲第1番 「巨人」 / オスモ・ヴァンスカ | ミネソタ管弦楽団 (Mahler: Symphony No.1 / Osmo Vanska & Minnesota Orchestra) [SACD Hybrid] [Import] [日本語帯・解説付]

2019/07/20 発売

KKC-6034

在庫

×

¥3,000+税

細部に至るまでの表現力が見事な演奏!
ヴァンスカ & ミネソタ管のマーラー『巨人』

[商品番号 : KKC-6034] [原盤 : BIS SA-2346] [SACD Hybrid] [Import] [日本語帯・解説付] [BIS / King International]

マーラー (1860-1911) : 交響曲第1番 ニ長調『巨人』
(@.16'06""+A.7'25""+B.11'23""+C.20'57""=56'57"")

オスモ・ヴァンスカ (指揮)
ミネソタ管弦楽団

録音 : 2018年3月 / オーケストラ・ホール (ミネアポリス)

★ SACDハイブリッド盤。好評を博しているオスモ・ヴァンスカ率いるミネソタ管弦楽団によるマーラー・シリーズ。第4弾は交響曲第1番『巨人』です。
★当演奏でも流石ヴァンスカと思わせる緻密な構成と、細部にまで注意が払われた圧巻の仕上がりで、繊細かつ丁寧な音楽づくりをしております。
BISレーベルで数多くの録音を残してきたヴァンスカが最上級の演奏に達した録音です。ベートーヴェン、シベリウスなど数々の名盤をリリースしてきただけに非常に期待の高まるリリースといえましょう。マーラーの交響曲は第5番 (KKC-5831 / BIS SA-2226)、第6番 (KKC-5994 / BIS SA-2266)、第2番『復活』 (KKC-5995 / BIS SA-2296)がリリースされております。
★ 2003年にミネソタ管の音楽監督に就任したヴァンスカは、ベートーヴェンの交響曲全集などで評価を高めました。しかし、当団では経営悪化に伴う労使対立が激しさを増し、2012年10月に経営側はロックアウトを決行。その後の 2012/13年のシーズンは全てキャンセルとなり、当団の存続そのものも危ぶまれる状況となりました。ヴァンスカは、労使の合意が成立した2014年1月に首席指揮者に復帰し、以後、団結力の増したミネソタ管の演奏は一層密度の濃いものとなっております。