大雨の影響による配送遅延について
CDアルバム

エクトル・ベルリオーズ : 幻想交響曲 / 山田和樹 | モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団 (Berlioz: Symphonie Fantastique, Rêverie et Caprice / Kazuki Yamada, Orchestre Philharmonique de Monte-Carlo) [CD] [Import] [日本語帯・解説付]

2018/09/20 発売

KKC-5937

在庫

¥3,000+税

モンテカルロ・フィル音楽監督兼芸術監督、山田和樹がついに登場!

[商品番号 : KKC-5937] [原盤番号 : OPMC-013] [Import CD] [日本語帯・解説付] [OPMC CLASSIC / King International]

[収録内容]
エクトル・ベルリオーズ (1803-1869) : 
幻想交響曲 作品14
夢とカプリッチョ作品8* (ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス)

山田和樹(指揮) | モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団
リザ・ケロブ (ヴァイオリン)*

録音 : 2017年5月16、19日 / モナコ、オーディトリアム・レーニエ3世

★モンテカルロ・フィルの自主レーベルより山田和樹指揮によるベルリオーズのCDがリリース。山田和樹は2016年にモンテカルロ・フィルの音楽監督兼芸術監督に就任。指揮者とオーケストラの良好な関係が織りなすハイレベルな演奏がお聴き頂けます。
大胆で手の込んだ管弦楽法にあふれた『幻想交響曲』は現在のモンテカルロ・フィルの力量をおおいに知らしめてくれます。すべての楽器が色彩豊かで繊細。明瞭でありながら柔らかさもあり、前半の美しさから引き込まれます。録音も分離が良く、細やかにさまざまな音が重なってくるのがしっかり聴こえます。第2楽章のハープの掛け合いも左右に分かれていて面白いです。後半の盛り上がりも見事。クレッシェンドやアクセントを丁寧にこなしながら、大きな流れで勢いを増していき力強いクライマックスへ突き進みます。
『夢とカプリッチョ』は独奏ヴァイオリンがまさに夢のような美しい歌を紡ぐ協奏作品。ソロを弾く女性ヴァイオリニスト、リザ・ケロブはモンテカルロ・フィルのメンバーであり、クライツベルクの前任であるヤノフスキの時代からソリストを務めている名手で、しなやかな美音に魅せられます。