ブラームス : ピアノ三重奏曲 第1番 | ピアノ四重奏曲 第3番 (Johannes Brahms : Piano Quartet Op.60 | Piano Trio Op.8 / Trio Wanderrer | Christophe Gaugue (viola)) [輸入盤] [日本語帯・解説付]

発売日

2016/04/30

品番

KKC-5616

販売価格

¥3,000 + 税

在庫

[商品番号 : KKC-5616] [原盤番号 : HMC-902222] [Import CD] [日本語帯・解説付] [harmonia mundi / King International]

[収録内容]
ブラームス : ピアノ三重奏曲 第1番 ロ長調 Op.8 (初稿版)
ブラームス : ピアノ四重奏曲 第3番 ハ短調 Op.60 (*)

トリオ・ヴァンダラー [ジャン=マルク・フィリップス=ヴァイジャベディアン (ヴァイオリン) | ファエル・ピドゥー (チェロ) | ヴァンサン・コック (ピアノ)]
クリストフ・ゴーゲ (ヴィオラ*)

録音 : 2015年1月 / ベルリン、テルデックス・スタジオ

1987年結成されたトリオ・ヴァンダラー。1999年からハルモニア・ムンディでリリースを続けており、そのどれも高い評価を得ています。古典派から現代まで幅広いレパートリーをもち、各メンバーの技術力の高さはもとより、3人の息のあったアンサンブルで繰り広げられる演奏は圧倒的。
今回リリースされるのはブラームス。以前2枚組のピアノ三重奏曲全集(廃盤)に続くもの。ブラームスはピアノ三重奏曲を3曲書いています。1854年に第1番の初稿が完成、1866年に第3番を書き終えた後、1891年に第1番を自身の手によって大幅に改訂しています。ブラームスは通常改訂版を出した場合は、オリジナル版を破棄していますが、これはブラームスが唯一自ら2つの版を残した作品。現在演奏されるのは改訂版がほとんどで、トリオ・ヴァンダラーも全集の際は改訂版で録音しています。2つの版は主題を入れ替えたり、長さを短縮したりと大幅に書き直されています。初稿版はやや冗長になっている部分もありますが、若々しい輝きも感じ取ることができます。トリオ・ヴァンダラーの演奏は、しなやかで自然体の表現が魅力的で、3人の個性が見事にとけあった美しい演奏を聴かせてくれます。カップリングには、ヴィオラのクリストフ・ゴーゲを迎えピアノ四重奏曲第3番を収録。後期特有の難解さはありますが、円熟の境地に達したともいえる音楽を、深い情緒を感じさせる演奏で聴かせます。

お支払い方法について

クレジットカード、コンビニ決済、代金引換の3つの中からお選びいただけます。

▼クレジットカード
クレジットカード

▼コンビニ決済
コンビニ
手数料:185円(税込)
※お支払期限はご注文日から7日間となります

▼代金引換
手数料:324円(税込)

※一部代金引換不可の商品がございます。あらかじめご了承ください。

お届け・配送について

▼送料
全国一律:540円(税込)
※1回のご注文で、ご注文金額10,800円(税込)以上の場合は送料無料となります。

▼配送業者
佐川急便がお届けいたします。

▼配送先
配送は日本国内のみになります。

▼商品お届けまでの日数
通常ご注文完了後2〜5日以内にお届けとなります。

▼お届け時間指定
「午前中(8時〜12時)」「12時〜14時」
「14時〜16時」「16時〜18時」「18時〜21時」
「希望なし」からお選びいただけます。

ご注文に関しまして

ご注文される前にメールフィルター設定等で「kingrecords.co.jp」から受信できるように設定してください。

お客様のご都合によるご注文のキャンセルは一切承っておりません。ご注文内容をご確認の上、ご注文ください。

返品・交換について

品質には万全を期しておりますが、万一、破損や汚れ、お届け違いなどございましたら、商品到着後8日間以内に弊社「お客様センター」へお問い合わせください。
※在庫状況によりお取替えができない場合は返品、返金によるご対応をさせていただく場合がございます。