【重要】@icloud.comのご利用について
■天候不良による配送遅延について
CDアルバム

リヒャルト・シュトラウス : 交響詩 「ドン・ファン」 | アルプス交響曲 (Strauss : Don Juan | Eine Alpensinfonie / Royal Concertgebouw Orchestra , Mariss Jansons (Chief Conductor)) [輸入盤・日本語解説付] - Hybrid SACD

2013/10/20 発売

KKC-5331

在庫

×

¥2,934 (税抜価格 ¥2,667)

圧倒的なスケールで描かれる大パノラマ ヤンソンス&コンセルトへボウの「アルプス交響曲」

[商品番号 : KKC-5331] [原盤番号 : RCO-08006] [Hybrid SACD] [70'22''] [Import] [日本語解説書付] [RCO Live / King International]

記念すべき2004年9月4日首席指揮者就任記念コンサートの「英雄の生涯」(商品番号: KKC-5284 / 原盤番号: RCO-04005 / ASIN: B00BY0ARNK)以来となる、ヤンソンス&RCOによるシュトラウス第2弾。シュトラウスもまた、長い伝統を誇るRCOとはたいへんゆかりの深い作曲家。1897年から翌98年にかけて作曲された「英雄の生涯」がRCO第2代首席指揮者メンゲルベルクと当楽団に捧げられたことも少なからず関係してのことでしょう。1915年10月の作曲者指揮による世界初演の翌年には、早くもメンゲルベルクの指揮で当RCOによるオランダ初演が行なわれた「アルプス交響曲」。さらにこの成功を受けて、一週間後には作曲者の指揮でもRCO再演が果たされています。

ヤンソンス自身は「アルプス交響曲」をウィーン・フィルとの実演などでも幾度となく取り上げてはいますが、こと録音に関して、ほかならぬRCOを起用したことは演奏の伝統を踏まえての納得の選択といえるでしょう。

そして「ドン・ファン」。こちらもたくみなドラマづくりでライセンス・トゥー・スリルの異名をとるヤンソンスの独壇場。匂い立つような弦に、甘美なオーボエ・ソロ。ホルンによって力強く歌われるテーマ。その魅力を挙げてゆけばきりがありませんが、どんな場面においても磨き抜かれたRCOのひびきは雄弁このうえなく、たっぷりと酔わせてくれます。

ロイヤル・コンセルトへボウ管弦楽団
マリス・ヤンソンス (指揮)

録音
M-1 : 2007年10月18&21日、2008年1月16&17日
M-2 : 2007年9月19~21,23日
アムステルダム コンセルトへボウ (ライヴ)

収録内容

1. 交響詩 「ドン・ファン」 Op.20 
2. アルプス交響曲 Op.64