【重要】決済サービス追加・終了のお知らせ
CDアルバム

【ニッポン放送開局65周年記念】グリーグ : ピアノ協奏曲 | シベリウス : フィンランディア / 山田一雄 | NFC交響楽団 | ワルター・ハウツィヒ | 潮田益子 (Grieg, Sibelius, Glazunov / Kazuo Yamada & NFC Symphony Orchestra) [国内プレス] [MONO] [日本語帯・解説付]

2020/06/30 発売

KKC-2520

在庫

¥2,330+税

内容紹介
オーケストラも雄弁
ハウツィヒと潮田益子、山田一雄との貴重な共演が日の目を見る

[商品番号: KKC-2520] [国内プレス] [CD] [MONO] [日本語帯・解説付] [King International]

ニッポン放送開局65周年記念
伝説の名演シリーズ 山田一雄 NFC響幻の演奏

1. グリーグ: ピアノ協奏曲イ短調 Op.16 (1956.12.29日本青年館 1957.1.19放送)
2. シベリウス: フィンランディアOp.26 (1961.12.16放送)
3. グラズノフ: ヴァイオリン協奏曲イ短調 Op.82より第1部 (1963.6.15放送)

山田一雄 (指揮)
NFC交響楽団
ワルター・ハウツィヒ (ピアノ[track-2])
潮田益子 (ヴァイオリン[track-3])

★山田一雄は協奏曲の指揮でも定評があり、フジセイテツコンサートでも名人技を残していました。グリーグのピアノ協奏曲は懐かしの名手ワルター・ハウツィヒが独奏を務めています。ハウツィヒといえばピアノの名作集で知られており、本格的な協奏曲は珍しいと申せましょう。
★グラズノフのヴァイオリン協奏曲は同 (1963)年にエリザベート王妃国際コンクールに第5位入賞を果たした潮田益子 (1942?2013)の独奏。全曲でないのが残念ですが、新鮮かつ真摯な演奏。山田一雄のバックもグラズノフの色彩的なオーケストレーションを見事に再現しています。フィル・アップのシベリウスの「フィンランディア」は山田一雄ならではの爆演が聴きものです。

アーティストについて
ニッポン放送で1955年から2005年まで続き、音楽ファンから支持を受けていた「新日鉄コンサート」 (1970年まではフジセイテツ・コンサート)。既成のレコードを放送するのでなく、内外の名演奏家の実演を公開収録する趣旨だったゆえ、貴重音源が多数作られました。
今回は現在も根強いファンを持つ名指揮者山田一雄がNFC交響楽団と共演した貴重な音源で、すべて初出。NFC交響楽団はニッポン放送のN、フジセイテツのF、コンサートのCの頭文字から由来し、在京オーケストラから選抜した奏者による非常設団体。演奏技術は高く、60年以上前の日本とは思えぬ見事な演奏を繰り広げています。初出音源のみならず、山田一雄のディスコグラフィにない作品も多く含まれ、ファン狂喜の内容となっております。

*古い音源を使用しているため、テープ劣化によるお聴き苦しい点もございます。予めご了承下さい。