CDアルバム

グリンカ | チャイコフスキー | ムソルグスキー / スヴェトラーノフ | NHK交響楽団 [CD] [Live Recording] [日本語帯・解説付]

2018/07/30 発売

KKC-2158

在庫

×

¥2,560+税

★☆★『N響 ライヴ・シリーズ エフゲニー・スヴェトラーノフ』 (全5タイトル)★☆★

★ロシアの大指揮者エフゲニー・スヴェトラーノフ(1928-2002)は、73年の生涯に15回の来日公演を行っています★
☆大半は手兵ソヴィエト国立交響楽団を率いてですが、NHK交響楽団の定期にも5度登場しています☆
★今回はそのなかから初出のマーラーと協奏曲を中心に彼の巨匠芸をお楽しみください★

【これぞスヴェトラーノフの真骨頂 ! ロシア管弦楽曲集】

[商品番号 : KKC-2158] [CD] [Live Recording] [STEREO] [日本語帯・解説付] [KING INTERNATIONAL]

[収録内容]
1. グリンカ : 歌劇 「ルスランとリュドミラ」序曲
2. チャイコフスキー : 幻想序曲 「ロメオとジュリエット」
3. ムソルグスキー : 歌劇 「ボリス・ゴドゥノフ」 ~ 序奏とポロネーズ
4. ムソルグスキー : 歌劇 「ホヴァンシチナ」 ~ 第4幕への間奏曲
5. ボロディン : 歌劇 「イーゴリ公」 ~ ダッタン人の踊り
6. リムスキー=コルサコフ : スペイン奇想曲 Op.34

エフゲニー・スヴェトラーノフ (指揮)
NHK交響楽団

録音 : 1999年2月26日 (M-1~3,5,6) | 1993年2月3日 (M-4) / NHKホール (ライヴ)

広いレパートリーを誇るスヴェトラーノフですが、やはりロシアのオーケストラ名曲は他の追随を許さぬ充実感と巧さ。ロシア音楽の醍醐味の楽しさと醍醐味を満喫させてくれます。「ルスランとリュドミラ」序曲や「スペイン奇想曲」のにぎにぎしさ、「ロミオとジュリエット」の中間部や「ダッタン人の踊り」のしみいるような歌い回しも絶品です。