夏季休業のお知らせ 
CDアルバム

ブラームス : 交響曲第3番、4番 (Brahms : Symphony No.3 & 4 / Wilhelm Furtwangler | Berliner Philharmoniker) [SACD シングルレイヤー] [日本語帯・解説付]

2018/09/10 発売

KKC-10005

在庫

¥5,350+税

フルトヴェングラー&ベルリン・フィルの生演奏にさらに一歩近づいた、
まさに永久保存盤と言えるもの!!

[商品番号 : KKC-10005] [SACD シングルレイヤー] [日本独自企画] [Limited Edition] [日本語帯・解説付] [Audite / King International]

[収録内容]
1. ブラームス : 交響曲第4番 ホ短調 Op.98
2. ブラームス : 交響曲第3番 ヘ長調 Op.90
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー (指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

録音 : 1948年10月24日 [1]、1949年12月18日 [2] / ティタニア・パラスト、ベルリン (ライヴ)

アウディーテがドイチュラントラジオ(旧RIAS放送)所蔵の76センチ / 毎秒のオリジナル・マスターを使用してフルトヴェングラー「RIAS放送録音全集」(12CD) (AU21403) を発売したのが2009年。さらに2012年、その中から「運命」「田園」(1947&1954)、シューベルト「未完成」「ザ・グレイト」、ブルックナー第8番など4点がSACDシングルレイヤー化された(現在全て廃盤)が、今回のディスク4点はその続編である。現有のフォーマットとしてはSACDは最も優れており、生の音にさらに一歩近づいた音質で楽しめるのは、ファンにはたまらない。
SACDで聴くと、モノーラルでありながら奏者の座席位置さえ見えるようであり、内声部も非常に明瞭に捉えられる。また、空間的な広がりも豊かになり、個々のパートの表情がより滑らかに、自然に響いている。フルトヴェングラー&ベルリン・フィルの生演奏にさらに一歩近づいた、まさに永久保存盤と言えるものであろう。 (解説書より)
また、同シリーズとして、KKC-10006 (ASIN : B07FHP2512 / ブラームス : 交響曲第3番 | ワーグナー : トリスタンとイゾルデ、神々の黄昏、ニュルンベルクのマイスタージンガー)、KKC-10007 (ASIN : B07F3ZCW18 / ブラームス : ハイドンの主題による変奏曲 | ベートーヴェン : 英雄)、KKC-10008 (ASIN : B07FHMX124 / ウェーバー : 魔弾の射手 | ベートーヴェン : 英雄) も発売いたします。

* これらのディスクはSACD対応プレーヤー専用ディスクです。通常のCDプレーヤーでは再生することができません。