【重要】@icloud.comのご利用について
CDアルバム

宇野功芳 傘寿記念日本大学OB管弦楽団 特別演奏会ライヴ (Beethoven : Symphony No.7 / Franz Schubert : Symphony No.8)

2012/02/10 発売

KKC-033

在庫

×

¥2,046 (税抜価格 ¥1,860)

フルトヴェングラーか、クナッパーツブッシュの最新録音発見か?これぞ爆演。言語を絶する凄さのベト7

[商品番号:KKC-033] [DDD] [63'31''] [King International]

● 「第7交響曲は情熱のかたまりであるが、僕は第1楽章展開部に苦悩の痕跡を感じ取り、演奏ではそれにこだわっている。もうひとつの問題点は第3楽章スケルツォのABABAという5部形式で、これは明らかに冗長である。さすがのベートーヴェンも聴衆を退屈させまいと、2度目のAを少し変え、弱音部を長く続けているが、僕には弱気になっているとしか思えない。そんなベートーヴェンは見たくないので、本日はABAの3部形式で演奏することにした。おそらくこの試みは史上最初にして最後になるだろう。」(宇野功芳/ライナーノーツより)
● 2011年に生誕80年を迎えた宇野功芳を祝し、特別装いを施した彼とゆかりの深い日本大学管弦楽団が「宇野功芳 傘寿記念」の名を冠して、9月19日に上野学園石橋メモリアルホールにて記念コンサートを開催しました。当ディスクはそのライヴで、物凄い爆演に驚かされます。まさに切れば血の出るような音楽で、独特の解釈も強烈のひとことに尽き、フルトヴェングラーやクナッパーツブッシュら往年の巨匠が蘇ったかと錯覚させられるオーラと魔力に満ちています。録音も鮮明、生々しい臨場感を味わえます。観客の熱狂ぶりもすさまじく、稀有の体験を共有できます。

宇野功芳 (指揮)/宇野功芳傘寿記念日本大学OB管弦楽団
録音::2011年9月19日/上野学園石橋メモリアルホール (ライヴ)