ブルーレイディスク

裸のランチ

スキャンダラス、そしてグロテスク。20世紀最強の妄想世界へようこそ。 原作ウィリアム・S・バロウズ×監督デイヴィッド・クローネンバーグ───。 二人の天才の想像力が誘う信じられない脳内冒険。 字幕翻訳は中上健次。

2019/09/04 発売

KIXF-4355

¥2,500+税

1991年 制作国:アメリカ
※ 1991年日本公開作品(配給:日本ヘラルド映画)

収録時間:本編約115分 映像特典52分 
仕様:モノクロ [1080pHi-Def] 16:9 ヴィスタサイズ (※ 一部映像特典を除く) 片面2層
音声:@オリジナル英語(ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド)
   A日本語吹替(ドルビーTrueHD/ステレオ)
   Bコメンタリー英語(ドルビーTrueHD/ステレオ)
字幕:@日本語
   A吹替用日本語
   Bコメンタリー用日本語

映像特典
 音声:オリジナル英語(ドルビーTrueHD/ステレオ)
 字幕:日本語
 ■メイキング『Naked Making Lunch』(約50分)
 ■オリジナル予告編(約2分)■デイヴィッド・クローネンバーグ監督によるオーディオコメンタリー

*仕様等、内容、商品写真は予定のため変更になる場合がございます。
INTRODUCTION
―溺れるおそれあり。
『ザ・フライ』『デッドゾーン』『クラッシュ』『イグジステンス』『ヒストリー・オブ・バイオレンス』『イースタン・プロミス』など、刺激的で破壊力抜群の傑作を数多く手掛けてきた鬼才デイヴィッド・クローネンバーグ監督が、異端の大作家ウィリアム・S・バロウズの“禁書”を見事に映像化!なお日本語字幕翻訳は作家・中上健次の手による。

≪AWARDS≫
NY映画批評家協会賞 ★最優秀脚本賞(デイヴィッド・クローネンバーグ) ★最優秀助演女優賞(ジュディ・デイヴィス) 受賞
全米映画批評家協会賞 ★最優秀監督賞(デイヴィッド・クローネンバーグ) ★最優秀脚本賞(デイヴィッド・クローネンバーグ) 受賞
カナダ ジニー賞 最優秀作品賞他主要7部門 受賞
STORY
ニューヨークで害虫駆除員をしているウィリアム・リーは、ドラッグでハイな気分になったまま≪ウィリアム・テルごっこ≫で妻を殺してしまう。彼は麻薬の力に導かれ、謎の都市≪インターゾーン≫へと逃げ込むが、そこは奇怪な人々がうごめく不思議な街だった。混沌と眩惑のなかでリーは次第に自分を見失い、奇妙な“陰謀”に巻き込まれてゆく…。
STAFF
■監督・脚本:デイヴィッド・クローネンバーグ
■原作:ウィリアム・S・バロウズ
■製作:ジェレミー・トーマス
■音楽:ハワード・ショア、オーネット・コールマン
■SFXスーパーバイザー:ジェイムズ・アイザック
■撮影:ピーター・サシツキー
CAST
■ウィリアム・リー…ピーター・ウェラー(声:堀 勝之祐)
■ジョーン・リー/ジョーン・フロスト…ジュディ・デイヴィス
 (声:一条みゆ希)
■トム・フロスト…イアン・ホルム (声:麦人)
■イヴ・クローケ…ジュリアン・サンズ (声:仲木隆司)
■ベンウェイ医師…ロイ・シャイダー (声:寺島幹夫)