【重要】@icloud.comのご利用について
CDアルバム

東京ワッショイ

追悼・遠藤賢司 ベルウッド、キングのオリジナル2作品をUHQCDリイシュー

2018/02/21 発売

KICS-3681

¥1,700+税

2017年10月25日惜しくもこの世を去った純音楽家・遠藤賢司の追悼企画、
ベルウッド、キングの傑作2タイトルを評判のUHQCDでリイシュー!!

<収録曲>
1. 東京退屈男 
2. 東京ワッショイ 
3. 天国への音楽 
4. 哀愁の東京タワー 
5. 続東京ワッショイ
6. 不滅の男
7. ほんとだよ 
8. 輪廻 (インストゥルメンタル) 
9. UFO 
10. とどかぬ想い (インストゥルメンタル) 

作詞・作曲・編曲:遠藤賢司 

1979年発表
【UHQCD】
前作『HARD FOLK KENJI』から4年、ベルウッドから発売された通算8作目のアルバム。
“東京”をテーマにパンク/ニューウェイヴへと切り込んでいった大傑作。
編曲を手がけた佐久間正英、岡井大二、佐藤 満ら四人囃子のメンバーのほか山内テツが参加。
「ほんとだよ」のセルフ・カヴァーや表題曲や「不滅の男」など、ライヴでの重要曲を収録。
フォークはもちろんロックやパンク、テクノまでも飲み込んで繰り広げられる宇宙規模の作品。
ジャケットは横尾忠則。

◆同時発売「宇宙防衛軍 」UHQCDはこちらをクリック◆


●日本のロックの源流をスターとして駆け抜けた遠藤賢司
遠藤賢司は1947年茨城県生まれ。ボブ・ディランに影響を受け、1960年代後半フォーク・シンガーとして高田渡、南正人他と交流、1969年シングル「ほんとだよ/猫が眠ってる」(東芝EMI/Express)でデビューした。以降中津川フォークジャンボリー('69〜'71)への参加等を通して、はっぴいえんど他日本のフォーク、ロックの源流系アーティストとの関係を持ち、1stアルバム『niyago』('70 URC)、2ndアルバム『満足できるかな』('71 ポリドール)ではバックをはっぴいえんどが務めている。その流れの中1972年に最大のヒット曲でフォークの古典とも呼ばれる「カレーライス」(ポリドール)、キャラメル・ママ(細野晴臣、鈴木茂、松任谷正隆、林立夫)が参加した3rdアルバム『嘆きのウクレレ』(同)を発表。
1974年のシングル「踊ろよベイビー」、アルバム『KENJI』は高中正義等が編曲、演奏に参加、サイケ、ニューウェイヴへのアプローチがなされ、その後のハード・フォーク路線への基となる。1979年にベルウッドから佐久間正英他の四人囃子が参加した傑作『東京ワッショイ』を、また翌年1980年には同じく四人囃子の他に土屋昌巳等が参加した『宇宙防衛軍』をキングレコードから発売、パンク、ニューウェイヴ他あらゆる音楽ジャンルを含んだ、或いは超越した遠藤賢司の純音楽家性が確立していく。
今回のリイシュー企画はロック/ニューウェイヴ時代にベルウッドとキングに1枚ずつ残したオリジナル・アルバムをベルウッド45周年企画で評判のUHQCDでリイシュー。純音楽家・遠藤賢司への追悼コレクションとするもの。