【重要】@icloud.comのご利用について
■天候不良による配送遅延について
CDアルバム

ゲット・オフ・ユア・アス

<なんと・・・奴らが帰ってきた!! LAメタル全盛期の重要参謀“オートグラフ”が完全復活!!>

2017/08/23 発売

KICP-1859

定価:¥2,860 (税抜価格 ¥2,600)

■日本盤先行発売
■日本盤ボーナス・トラック1曲収録

なんと・・・奴らが帰ってきた!!
LAメタル全盛期の重要参謀“オートグラフ”が完全復活!!

黄金期のサウンドを取り戻した新生オートグラフが放つ期待の新作!!
従来のメロディック・チューンがヘヴィさを加え劇的進化を遂げた!!

空前絶後のBIG NEWSが仰天到着!!なんと・・・奴らが帰ってきた!!
LAメタル全盛期の重要参謀“オートグラフ”が完全復活!!
全メタル・マニアよ、号泣するがいい!!

黄金期のサウンドを取り戻した新生オートグラフが放つ期待のニュー・アルバム!!従来のメロディック・チューンがヘヴィさを加え劇的進化を遂げた!!今宵もスティーヴ・リンチのギターが吠え捲る!!絶対的代表曲「ターン・アップ・ザ・レディオ」最新LIVE音源も堂々収録!!

■LAメタル全盛期の1984年にアルバム『サイン・イン・プリーズ(SIGN IN PLEASE)』でデビュー、「ターン・アップ・ザ・レディオ(TURN UP THE RADIO)」のヒットで全米チャートを席巻しゴールド・ディスクを獲得、瞬く間に大人気となった米カリフォルニア州パサデナ出身のメロディック・ロック・バンド“オートグラフ”がなんと完全復活を宣言するスタジオ・ニュー・アルバムを創り上げた!!

■結成時のオリジナル・メンバーはスティーヴ・プランケット(Vo,G)、スティーヴ・リンチ(G)、ランディ・ランド(B)、スティーヴン・アイシャム(Key)、ケニ・リチャーズ(D)の5人。デビュー・アルバムのヒットで勢い付いたバンドは、2ndアルバム『ザッツ・ザ・スタッフ(THAT’S THE STUFF)』(1985年)、3rdアルバム『ラウド・アンド・クリアー(LOUD AND CLEAR)』(1987年)とコンスタントにリリースを続けるが、大きな成功を得る事は出来ず、1989年に解散への道を辿る事となる。

■2002年にスティーヴ・プランケットは自分以外のメンバーを一新して“オートグラフ VERSION 2.03”名義でアルバム『BUZZ』(ギタリストにT.J.ヘルメリッチが参加)を発表するも活動が順調に続く事はなかった。2011年にスティーヴ・リンチとランディ・ランドが再会を果たし、オートグラフの再結成に向けて動き出したが、スティーヴ・プランケットは不参加を表明、新メンバーを迎えて復活を果たす。

■現在のメンバーは、サイモン・ダニエルズ(Vo,G)、スティーヴ・リンチ(G)、ランディ・ランド(B)、マーク・ウィーランド(D)。オートグラフの最大の魅力である超キャッチーでフックのあるメロディ、メジャー感バリバリの爽快な楽曲、スティーヴのテクニカルなギターを大フィーチャーしたギター・オリエンテッド嗜好のアレンジは健在。更に現代ならではのヘヴィでファットなサウンドも取り入れた最新型オートグラフへと劇的進化を遂げており、昔からのファンだけではなく現代のメタル・ユーザーにも訴求力のある仕上がりだと断言出来る!!大いに期待して欲しい。



【収録曲】
01.GET OFF YOUR ASS ゲット・オフ・ユア・アス
02.EVERY GENERATION エヴリ・ジェネレーション
03.ALL I OWN オール・アイ・オウン
04.YOU ARE US,WE ARE YOU ユー・アー・アス,ウィ・アー・ユー
05.MEET ME HALF WAY ミート・ミー・ハーフ・ウェイ
06.I LOST MY MIND IN AMERICA アイ・ロスト・マイ・マインド・イン・アメリカ
07.ALL EMOTIONS オール・エモーションズ
08.WATCH IT NOW ウォッチ・イット・ナウ
09.READY TO GET DOWN レディ・トゥ・ゲット・ダウン
10.Turn Up The Radio (live) ターン・アップ・ザ・レディオ(ライヴ)
11.All I’m Gonna Take (acoustic) オール・アイム・ゴナ・テイク(アコースティック) *


*日本盤ボーナス・トラック

SIMON DANIELS サイモン・ダニエルズ(リード・ヴォーカル、ギター)
STEVE LYNCH スティーヴ・リンチ(ギター、ヴォーカル)
RANDY RAND ランディ・ランド(ベース)
MARC WIELAND マーク・ウィーランド(ドラム)