【重要】@icloud.comのご利用について
CDアルバム

ブルックナー:交響曲第7番

●クラシック・ファンの信頼を集める名門ドイツ・シャルプラッテンをはじめ、
クラーヴェス、キング・インターナショナルの各レーベルから、名盤を厳選。
●国内初出LP・CDのジャケットデザイン&ライナーノーツ使用(一部除く)
●最新リマスタリング(192kHz 24bit高音質録音盤4点は除く)

2014/10/08 発売

KICC-3661

在庫

×

定価:¥1,100 (税抜価格 ¥1,000)

ブルックナー:交響曲 第7番 ホ長調(ハース版)

ハインツ・レーグナー指揮ベルリン放送交響楽団
録音:1983年5月、8月 ベルリン放送局大ホール
原盤:ドイツ・シャルプラッテン
[解説:宇野功芳]

●既発売の「第9」のすばらしい名演だったが、今回の「第7」も実に美麗である。
また曲自体、ある意味では最もレーグナーの音楽に似合っている、といえるだろう。
(中略)(フィナーレでの)テンポの雄弁な変化はここでもより大きな効果を発揮しており、曲想に応じて自在に使い分けられ、
その語りかけの見事さは言語に絶するほどだ。加えてリズムの敏感さと最高の音彩美が力となり、
時に応じて金管をおごそかに朗々と強奏し、しかも音楽がいつも箴言として鳴っている。
これこそがブルックナーの演奏を成功させる秘密なのだ。(宇野功芳)(ライナーノーツより)