【重要】@icloud.comのご利用について
■天候不良による配送遅延について
CDアルバム

モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲

●クラシック・ファンの信頼を集める名門ドイツ・シャルプラッテンをはじめ、
クラーヴェス、キング・インターナショナルの各レーベルから、名盤を厳選。
●国内初出LP・CDのジャケットデザイン&ライナーノーツ使用(一部除く)
●最新リマスタリング(192kHz 24bit高音質録音盤4点は除く)

2014/10/08 発売

KICC-3640

定価:¥1,100 (税抜価格 ¥1,000)

モーツァルト: 
@ 管楽器のための協奏交響曲 変ホ長調 K.297b
A フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299

オトマール・スウィトナー指揮シュターツカペレ・ドレスデン
@ アルフレード・トルスクドルフ(オーボエ),カール・シュッテ(クラリネット),
ギュンター・シャフラッシュ(ホルン),ハインツ・ワプラー(ファゴット)
A ヨハネス・ワルター(フルート),ユッタ・ツォフ(ハープ)

録音:1975年3月(1)、1965年4月(2)、ドレスデン・ルカ教会
原盤:ドイツ・シャルプラッテン
[解説:志鳥栄八郎]

●シュターツカペレ・ドレスデンの首席奏者たちを独奏者に迎えたこの演奏は、渋いながら本物の味とコクを備えた
モーツァルトとして歓迎されよう。・・(ヨハネス・ワルターもユッタ・ツォフも)技術がしっかりとしており、その音色といい、
音楽のつくり方といい、芸術的な香りの高い演奏をする人である。
この2人の紡ぎ出すひびきの美しさと格調の高さは、きき手を十分に堪能させてくれるに違いない。(志鳥栄八郎)(ライナーノーツより)