【重要】@icloud.comのご利用について
特典(e-SHOP用)
CDアルバム

耳旅 〜ドイツ・ドレスデンの魅力5 ドレスデン 花の都の音楽

歴史、文学、音楽、美術、建築、の5つのテーマを各界の著名執筆者による書下ろしライナーノートを音楽と共に読みながら、ドレスデンの魅力をまるで旅をしているような気分に

2021/02/17 発売

KICC-1565

¥2,000+税


★メーカー特典(※先着外付け特典) オリジナル絵柄ポーチ(絵柄共通) ※特典には数に限りがあり、予定数量に達し次第特典付きでの販売は終了致します。
ドレスデン宮廷楽団の歴史などこの街の音楽を一望するエッセイでは、関連する書籍なども広くご紹介しつつ〈エルベのフィレンツェ〉と讃えられた花の都に咲いた、豊かな音楽文化へイマジネーションを広げます。この街で書かれたシューマンの傑作をはじめ、〈ドレスデンのバッハ〉と呼ばれたW.F.バッハ(大バッハの長男)、そしてドレスデン宮廷楽団の楽長をつとめたシュッツ、ハッセ、ウェーバー、そしてワーグナー‥栄光の歴史を飾るそうそうたる作曲家たちの作品を耳で一気にたどる選曲は、シリーズの入門篇としても仕上げとしても愉しめます。

【曲目】
01.ワーグナー:歌劇《タンホイザー》第3幕より〈巡礼の合唱〉
オトマール・スゥイトナー(指揮)ベルリン・シュターツカペレ(ベルリン国立歌劇場管弦楽団)、ベルリン国立歌劇場合唱団、エルネスト・ストイ(合唱指揮)

02.シュッツ:《マタイ受難曲》SWV479(1666年)より No.1〜No.12
マルティン・フレーミッヒ(指揮)ドレスデン聖十字架合唱団、ペーター・シュライヤー(テノール)、ヘルマン・クリスティアン・ボルスター(バス)、ハンス=ユルゲン・ヴァッハスムート(テノール)

03.ハッセ:《裏切りを知れ、不実なる者たちよ》〜歌劇《アルミニオ》より
ペーター・シュライヤー(テノール)ヘルムート・コッホ(指揮)ベルリン放送管弦楽団 
04.ウェーバー:《精霊の王》序曲 
オトマール・スゥイトナー(指揮)ベルリン・シュターツカペレ(ベルリン国立歌劇場管弦楽団)

05.バッハ:〈ロ短調ミサ〉BWV232より〈キリエ〉
ヘルムート・ミューラー=ブリュール(指揮)ドレスデン室内合唱団、ケルン室内管弦楽団

06.ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ:シンフォニア ヘ長調 Fk.67より 第1楽章  
ユン・K・リー(指揮)ザルツブルク室内フィルハーモニー管弦楽団  

07.モーツァルト:ピアノ協奏曲第26番ニ長調《戴冠式》K.537より 第2楽章
ペーター・レーゼル(ピアノ)ヘルムート・ブラニー(指揮)ドレスデン国立歌劇場室内管弦楽団 

08.シューマン:《森の情景》Op.82より 第7曲《予言の鳥》 
パウル・グルダ(ピアノ) 

09.ウェーバー:《舞踏への勧誘》
ペーター・レーゼル(ピアノ) 

10.シューマン:交響曲第2番 ハ長調 Op.61より 第4楽章
クルト・マズア(指揮)ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団