【重要】@icloud.comのご利用について
各キャリア新料金プランを検討中のお客様へ
CDアルバム

叫び〜ムンク、その時代の音楽

多数の文学作品に触れ、作家・作曲家とも交流したムンク。同郷のイプセンが書き、グリーグによって作曲され、 そのポスターをムンクが描いた…という“ペール・ギュント”等、ムンクにゆかりある音楽と、当時交流した作曲家作品などを集めた1枚。

2018/10/24 発売

KICC-1469

定価:¥2,200 (税抜価格 ¥2,000)

<収録曲>
[ムンクとグリーグ、2人のエドヴァルド ]
ノルウェーを代表する作曲家、グリーグの音楽
1.ピアノ協奏曲 イ短調 作品16〜第1楽章
2.ホルベアの時代より 作品40〜プレリュード
 劇付随音楽「ペール・ギュント」作品23 より
3.朝の気分
4.オーセの死
5.山の魔王の宮殿にて
6.ソルヴェーグの歌
7.過ぎし春

[フランスの詩人マラルメとの交流から]
 19世紀末のパリで刺激を受けた人々
8.フレデリック・ディーリアス:楽園への道
9.クロード・ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲

[ノルウェー帰国後に祖国で描いた《太陽》]
 R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」作品30 より
10.自然の主題
11.後の世の人々について
12.大いなる憧憬について
13.歓喜と情熱について

[ボーナストラック] 
14.ノルウェー王国 国歌「我等,この国を愛す (Ja, Vi Elsker Dette Landet)」
(ビョルンスティエルネ・ビョルンソン作詞/リカルド・ノルドローグ作曲)
15.グリーグ: ガンガル(農民たちの行進曲)〜「抒情小曲集第5集」作品54 第2曲 


アンネローゼ・シュミット(ピアノ)、クルト・マズア(指揮)ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団@/宮本文昭(指揮)オーケストラMAP’SAF/リボル・ペシェク(指揮)スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団BCD/米良美一(カウンターテナー)、 現田茂夫(指揮)日本フィルハーモニー交響楽団E/ノーマン・デル・マー(指揮) ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団G/飯森範親(指揮)東京交響楽団H/朝比奈 隆(指揮)大阪フィルハーモニー交響楽団IJKL/ノルディック・ヴォイセズM/エドヴァルド・グリーグ(ピアノ)N