【重要】決済サービス追加・終了のお知らせ
CDアルバム

Albert Heath / Kwanza(The First) [輸入盤]

2015/07/30 発売

EM-906070

在庫

¥2,330+税

PRESTIGE 他数々のレーベルでディレクター,プロデューサーとして活躍した
ドン・シュリッテン自らが1970 年代半ばに設立したレーベルXanadu
“Xanadu Master Edition”シリーズが始動!

[商品番号 EM-906070] [CD] [輸入盤] [ELEMENTAL MUSIC]

[収録作品]

1. TAFADHALI.............6:56
2. A NOTION.................5:29
3. DR. JEH.....................6:22
4. DUNIA.......................4:01
5. OOPS!........................6:33
6. SUB-SET.................10:11
7. WAZURI BLUES....4:38*

Recorded June 4, 1973 at RCA Studios, New York City
*Bonus track: Kenny Barron, piano solo.RCA Studios, New York City, February 13, 1981.

メンバー:
ALBERT HEATH(ds, chimes, tympany), JIMMY HEATH(ts, ss,fl), CURTIS FULLER(tb),
KENNY BARRON(p, el-p), TED DUNBAR(g), PERCY HEATH(b)

★ 1957 年にジョン・コルトレーンの下でレコーディング・デビューを果たしたアルバート・ヒースは、パーシー、ジミーの弟という血筋やドラマーとしての実力に比してリーダー録音が極端に少なく、2012 年以降Sunnyside にトリオでコンスタントに録音するようになる前は、半世紀ものうちに3 作しかリーダー・アルバムを残していません。

★これはその中の1 枚で、1973 年、パーシーやジミーも加えたセクステットでドン・シュリッテンのプロデュースの下Muse に録音した作品。これが初CD 化となります。他にはカーティス・フラーやケニー・バロン、テッド・ダンバーが参加してそれぞれ実力を発揮していますが、セクステットをぐいぐいリードするアルバート・ヒースのドラミングがやはり一番の聴きもの。また、オリジナル盤収録の6 曲中パーシー作の5 を除く5 曲はアル自身のコンポジションで、アフリカン・カルチャーへの深い関心がうかがえる曲が多く、コンポーザーとしてのアルの才能にも要注目です。

★なお、ボーナス・トラックの7 は、ケニー・バロンのソロ・ナンバーで、元々はXanadu のオムニバス盤『Anniversary』に収められていた1 曲です。