【重要】@icloud.comのご利用について
■天候不良による配送遅延について
CDアルバム

Antonio Janigro& Zagreb Soloists [輸入盤]

2016/01/15 発売

AU-95639

在庫

¥2,519 (税抜価格 ¥2,290)

ザグレブ・ソロイスツ合奏団の設立者
ヤニグロとの歴史的名演が
アウディーテによる見事な復刻で蘇る!

[商品番号 AU-95639] [CD] [MONO] [輸入盤] [AUDITE]

[収録作品]

@コレッリ:合奏協奏曲 ニ長調Op.6-4(8’ 28”)
Aロッシーニ:弦楽のためのソナタ第6 番 ニ長調「嵐」(14’ 23”)
Bヒンデミット:ヴィオラと弦楽のための葬送音楽(9’ 49”)
Cショスタコーヴィチ:弦楽八重奏曲Op.11 よりスケルツォ(4’ 04”)
Dバーバー:弦楽のためのアダージョ(5’ 50”)
Eケレメン:弦楽のための協奏的即興曲(7’ 45”)
Fレーガー:抒情的アンダンテ「愛の夢」(5’ 18”)
Gモーツァルト:ディヴェルティメント 変ロ長調K.137(9’ 11”)
Hホフシュテッター(伝ハイドン):弦楽四重奏曲 ハ長調「セレナード」(3’ 34”)
Iヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調RV.230(チェロ版)(10’ 36”)

アントニオ・ヤニグロ(チェロ/指揮)、ザグレブ・ソロイスツ合奏団(ザグレブ室内合奏団)、
@グンヒルト・スタッペンベック(チェンバロ)、Bステファノ・パサージオ(ヴィオラ)
セッション録音:@1957年1月14日、AD1964年4月19日、B1958年3月12日、C1964年4月17日、E1958年3月12日、
FI1966年3月16日、G1961年3月19日、H1958年11月11日/ジーメンスヴィラ(ベルリン、ランクヴィッツ)

★抜群の高音質復刻で評判を呼ぶaudite の「ドイチュラントラジオ・クルトゥーア・エディション」シリーズからアントニオ・ヤニグロ率いるザグレブ・ソロイスツ合奏団との歴史的名演がリリースされます。

★ 1918 年ミラノ生まれのヤニグロはヴェルディ音楽院でジルベルト・クレパックスにチェロを学んだ後、1929 年から数年間にわたりパブロ・カザルスの格別の薫陶を受け、10 代にして世界的チェリストとして演奏旅行するほどの天才ぶりを発揮していました。その後、第二次世界大戦の影響からクロアチアのザグレブに留まり、その間21 歳の若さでザグレブ音楽院の教授に任命され依頼1953 年まで務めました。

★第二の故郷となったザグレブにて積極的な音楽活動を続け1953 年に自ら結成したザグレブ・ソロイスツ合奏団では1967年まで指揮者、チェロ奏者して活躍。当ディスクに収められた録音はいずれもベルリンのジーメンスヴィラでのセッションです。彼らの軌跡をたどるような名演ばかりが集められ、バロックから20 世紀の作品までレパートリーの広さを示したものとなります。録音はいずれもモノラルながらaudite レーベルの社主ルトガー・ベッケンホーフ氏による非常に丁寧なリマスタリングにより、演奏の空気感・迫力が伝わる最上の復刻と言えましょう。