【重要】@icloud.comのご利用について
 天候不良による配送遅延について 
CDアルバム

第562回 定期演奏会 / ショスタコーヴィチ : 交響曲 第10番 (Shostakovich : Symphony No.10 / Gennady Rozhdestvensky | Yomiuri Nippon Symphony Orchestra) [CD] [国内プレス] [日本語帯解説付]

2019/11/04 発売

ALT-412

在庫

¥3,020+税

内容紹介
これぞ伝家の宝刀、ショスタコの深淵を覗く名演
言いようのない寂しさに始まって
圧巻のスケールで展開していく巨大な音の建造物

[商品番号: ALT-412] [CD] [国内プレス] [Live] [日本語帯・解説付]

[収録内容]
第562回 定期演奏会
ショスタコーヴィチ: 交響曲 第10番 ホ短調 作品93

ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー (指揮)
読売日本交響楽団

録音: 2016年9月26日/ サントリーホール (ライヴ)

★ 泣く子も黙るロジェヴェンのショスタコ。ソ連時代の名演を思い出させつつも、晩年の境地をおおいに感じさせる音造りとなっており圧巻の演奏です。
★ 第1楽章の静寂からして心をつかみます。過度な色付けを避けることによって、言いようのない寂しさが支配する世界を描き出すロジェストヴェンスキー。やがて旋律が動き出し音楽が激しい展開を見せると、まずは有無を言わさぬ巨大な演奏に驚かされますが、しかし同時に旋律それぞれの持つフレーズやリズムが生き生きと伝わってくる見通しの良い音響であることにも気づかされます。これこそロジェストヴェンスキーならではの面白さで、様々な意味を内包するショスタコーヴィチの音楽をあらゆる角度から磨き上げた演奏と言えます。全体的にテンポは遅めで、第2楽章はズッシリと重厚な演奏です。一見、明るくあっけらかんとしたフィナーレも入念に構築されており、キラキラとした響きにあふれながらもショスタコーヴィチの深淵を覗くような終結部は唯一無二の説得力と深みを持っています。
★ 解説書には坂入健司郎氏の書き下ろし原稿を掲載。指揮者の目線から見た当日の演奏の感想も含め、ロジェストヴェンスキー愛にあふれる文章となっています。
★ 第1楽章=28: 07/ 第2楽章=4: 46/ 第3楽章=14: 24/ 第4楽章(拍手含む)=15: 09
アーティストについて
大指揮者ロジェストヴェンスキーが最晩年に読響と残した超名演 !!
あのシャルク版ブルックナー5番をはじめとした、ロジェストヴェンスキー&読響の伝説の名ライヴがCD化 !
2018年に惜しくも世を去ったロシアの巨匠が日本の聴衆に贈った超名演、3タイトル同時発売
録音もたいへん素晴らしく、演奏の魅力を十二分に伝えてくれます !