ブルーレイディスク

Bach: Weihnachtsoratorium (Ballett von John Neumeier) [Blu-ray] [輸入盤]

2015/12/10 発売

73-2804

在庫

×

¥5,660+税

ジョン・ノイマイヤーによる「クリスマス・オラトリオ」

[商品番号 73-2804] [Blu-ray] [輸入盤] [C MAJOR]

[画面:HD 16:9]
[音声:DTS-HS MA 5.0,PCM ステレオ]
[字幕:仏韓日]
[ボーナス:英独]
[リージョン:All]
[180 分(168+12 分)]

[収録作品]

J.S.バッハ:クリスマス・オラトリオBWV248

振付:ジョン・ノイマイヤー
ハンブルク・バレエ
ジュリアン・プレガルディエン(エヴァンゲリスト)
メリッサ・プティ(ソプラノ)カーチャ・ピーヴェック(アルト)
マニュエル・ギュンター(テノール)ヴィルヘルム・シュヴィングハマー(バス)
ハンブルク国立歌劇場合唱団(合唱指揮:エーベルハルト・フリードリッヒ)
ハンブルク国立歌劇場管弦楽団 アレッサンドロ・デ・マルキ(指揮)
振付、衣装、照明:ジョン・ノイマイヤー
舞台:フェルディナンド・ヴェーゲルバウアー
映像監督:トーマス・グリム
プロデューサー:ベルンハルト・フライシャー
[主要ダンサー]ロイド・リギンス(男)、アンナ・ラウデーレ(母)、
カーステン・ユング(その夫)、カレン・アザチャン(羊飼い)、
シルヴィア・アッツォーニ(天使)、アレクサンドル・トゥルシュ(天使)、
大石裕香、シルヴァーノ・バローン、レスリー・ヘイルマン、
クリストファー・エヴァンス、ウラディミール・コシチュ(スイーパー)
収録:2014 年ハンブルク国立歌劇場

<ボーナス>ジョン・ノイマイヤーとロイド・リギンスのインタビュー

★ハンブルク・バレエの芸術監督を40 年以上続けているジョン・ノイマイヤー。2015 年に京都賞の思想・芸術部門を受賞し、70 歳を超えてもバレエの新たな表現方法を模索する現代最高の振付師の一人。この映像はノイマイヤーがバッハの「クリスマス・オラトリオ」に振りつけた作品。バッハの「クリスマス・オラトリオ」は、クリスマス関連の礼拝で用いられる6 つのカンタータを、内容としています。ノイマイヤーは2007 年に「クリスマス・オラトリオ」の最初の3 つの部分が振り付け、その後残りの3 つを仕上げ、2013 年に完全版が上演されました。

★「クリスマス・オラトリオ」は、イエスの降誕を祝うための音楽で明るく祝祭的な気分に満ちています。特に第1 部の冒頭「歓呼の声を放て、喜び踊れ!」は、トランペット3 本とティンパニ、フルートとオーボエ各2 本+弦楽合奏という豪華編成で書かれており、勢いのある華やかな気分を盛り上げてくれます。
振付にあたり、ノイマイヤーは以下のように述べています。「この冒頭の部分から取れるように、我々人類すべてが経験する感情、信頼・希望・進行・疑問・自己犠牲といったものを表しており、私の振付は宗教を表現したものではありません。多くの異なる文化や宗教を統一するちからがバッハの音楽にはあります。振付を通して、人間の価値を新たに見出したつもりです。ですので、このバレエの中では聖母マリアは「母」、ヨセフは「彼女の夫」としています。」非常にシンプルながら、このクリスマスの奇跡を美しく、そして心に訴えかける演出で表現しています。

★ダンサーには、2015 年から同団の副芸術監督に就任したロイド・リギンス、長身でしなやかな手脚をもつアンナ・ラウデ−レらトップダンサーに加え、2015 年に退団し、ノイマイヤーに触発され現在は振付師として独立した日本人、大石裕香も舞台に立っています。エヴァンゲリストには、近年メキメキ実力をつけているジュリアン・プレガルディエン、その他歌手陣もハンブルクを拠点に活動する実力派を揃え、安定した歌唱を聴かせてくれます。