【重要】決済サービス追加・終了のお知らせ

BRASS HEXAGON

日本のトッププレーヤーたちによる、夢のスーパー金管アンサンブル!
2007年に結成された金管六重奏。これまでのトランペット×2、ホルン、トロンボーン、テューバという五重奏に、中低音域での機動力の高いユーフォニアムを加えることにより、ブラス・アンサンブルの新たな可能性を切り開く新しいスタイルのアンサンブル。
結成後は、卓越した技術と安定したアンサンブルで聴衆を圧倒してきた。アルバムリリースを通し作品の委嘱やレパートリーの発掘にも力を注いでいる。
メンバーは日本の金管界の実力派、トランペット 辻本憲一(東京フィルハーモニー交響楽団)、長谷川智之(東京フィルハーモニー交響楽団)、ホルン 森博文(東京フィルハーモニー交響楽団)、トロンボーン 箱山芳樹(新日本フィルハーモニー交響楽団)、ユーフォニアム 外囿祥一郎(航空自衛隊)、テューバ 池田幸広(NHK交響楽団)の6人により構成される。
2008年4月、キングレコードよりデビューCD『エピソード〜ブラス・ヘキサゴン』をリリース。
2008年5月、東京 カザルスホール、名古屋にてコンサート。
2009年8月、全曲依嘱作品によるセカンドアルバム『ヘキサゴン・オリジナルズ』をリリース。
2010年1月、東京、オーチャードホールの「東京ブラスフェスタ」にゲスト出演。 
2010年1月、東京文化会館にてソロコンサートを成功させる。

Trumpet:辻本 憲一 Kenichi Tsujimoto
Trumpet:長谷川 智之 Tomoyuki Hasegawa
Horn:森 博文 Hirofumi Mori
Trombone:箱山 芳樹 Yoshiki Hakoyama
Euphonium:外囿 祥一郎 Shoichiro Hokazono
Tuba:池田 幸広 Yukihiro Ikeda

5+1=∞
ユーフォニアムが加わるとこんなに変わるか!!

五重奏のコンパクトさを持ちながらも十重奏のようなスケールのある、変幻自在なアンサンブル。
日本を代表するトッププレーヤーたちが集まった夢の金管六重奏!!!


DISCOGRAPHY