ヘンツェ作品集 ~ 交響的侵略 他 (Hans Werner Henze : Scorribanda Sinfonica ~ Sopra la Tomba di una Maratona | Antifone | 1. Konzert fur Klavier und Orchester) [輸入盤] [日本語帯・解説付]

発売日

2018/05/20

品番

KKC-5864

販売価格

¥3,000 + 税

在庫

×

尽きぬ交響的エネルギー ! ヘンツェの爆曲「交響的侵略」が国内盤化 !

[商品番号 : KKC-5864] [原盤番号 : WER-6657] [Import CD] [50'44''] [日本語帯・解説付] [WERGO / King International]

[収録内容]
ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ (1926~2012) :
1. 交響的侵略 ~ マラトンの墓の上で ~ (2001)
2. アンティフォナ (1960)
3. ピアノ協奏曲 第1番 (1950)

ペーター・ルジツカ (指揮)
北ドイツ放送交響楽団
クリストファー・タイントン (ピアノ/M-3)

録音 : 2001年1月25~29日、5月2~4日

★ 20世紀ドイツの偉大なシンフォニストとして10曲の交響曲を書き、名を轟かせたヘンツェ。最後の交響曲、第10番は21世紀に突入した2000年の作品です。そしてその1年後、ヘンツェ75歳記念として北ドイツ放送交響楽団からオーケストラ作品を委嘱された際に作曲したのが『交響的侵略』。多彩な打楽器を伴うこの曲は凄まじい破壊力とエネルギーが渦巻くもので、15分ほどの作品ですがその熱量たるや圧倒的、『春の祭典』も真っ青、ロックのような衝撃です。新たな交響曲を書くことはなかったものの、21世紀においてもヘンツェのシンフォニックな表現意欲はまったく衰えていなかったものと思われます。
★ 『アンティフォナ』はカラヤンに献呈されベルリン・フィルが初演した作品。細かく厳格な音列技法が使われ、弦、管、打楽器が複雑に呼び交わしあいます。張りつめた緊張感がたまりません。またピアノ協奏曲第1番はヘンツェ24歳の時の作品。当時はシェーンベルクの影響下にあった、と本人は回想していますが、舞曲的リズムの饗宴で盛り上がる曲想はヘンツェならではでぐいぐいと聴き手を引き込みます。
★ 日本語解説書には輸入盤所収のヘンツェとルジツカの会話の日本語訳を掲載。収録作品について作曲家と指揮者が語っている、たいへん興味深いものです。

お支払い方法について

クレジットカード、コンビニ決済、代金引換の3つの中からお選びいただけます。

▼クレジットカード
クレジットカード

▼コンビニ決済
コンビニ
手数料:185円(税込)
※お支払期限はご注文日から7日間となります

▼代金引換
手数料:324円(税込)

※一部代金引換不可の商品がございます。あらかじめご了承ください。

お届け・配送について

▼送料
全国一律:540円(税込)
※1回のご注文で、ご注文金額10,800円(税込)以上の場合は送料無料となります。

▼配送業者
佐川急便がお届けいたします。

▼配送先
配送は日本国内のみになります。

▼商品お届けまでの日数
通常ご注文完了後2〜5日以内にお届けとなります。

▼お届け時間指定
「午前中(8時〜12時)」「12時〜14時」
「14時〜16時」「16時〜18時」「18時〜21時」
「希望なし」からお選びいただけます。

ご注文に関しまして

ご注文される前にメールフィルター設定等で「kingrecords.co.jp」から受信できるように設定してください。

お客様のご都合によるご注文のキャンセルは一切承っておりません。ご注文内容をご確認の上、ご注文ください。

返品・交換について

品質には万全を期しておりますが、万一、破損や汚れ、お届け違いなどございましたら、商品到着後8日間以内に弊社「お客様センター」へお問い合わせください。
※在庫状況によりお取替えができない場合は返品、返金によるご対応をさせていただく場合がございます。